The Brooklyn Cat Cafe-驚愕!ブルックリン・キャット・カフェには猫の子守をするネズミがいる!動画あり



米ニューヨーク州にある猫カフェ「ブルックリン・キャット・カフェ」に子猫を子守するネズミがいる!?

なんと、ニューヨークにある猫カフェに子猫の子守をする、ネズミがいるというニュースが入りました!本当だったらすごい事ですよね!猫はねずみの天敵なんじゃ・・!?

猫カフェは日本だけかと思っていたので、アメリカにもある事にも驚きです。猫の面倒を見るネズミって一体どういうことなのでしょうか?気になったので調べてみました!

ブルックリン・キャット・カフェ The Brooklyn Cat Cafe

外観

The Brooklyn Cat Cafeの基本情報

お店の名前:The Brooklyn Cat Cafe カフェ・喫茶
所在地: 149 Atlantic Ave, Brooklyn, NY 11201
電話: (347) 946-2286

ニューヨークにあるこちらの猫カフェは、NPOの「ブルックリン・ブリッジ・アニマル・ウェルフェア」と提携しており、店内には通常20匹ほどの里親募集中のネコがいます。気に入った猫がいれば自宅に連れて帰り、飼うことができます!

店内の様子

かわいい

★Instagram⇒https://www.instagram.com/catcafebk/

★facebook⇒https://www.facebook.com/CatCafeBK/

★ホームページ⇒http://catcafebk.com/

子猫の面倒を見るネズミって?ネコとネズミの温かい交流

ある時、全米で2-3%しかいないとされる感染症にかかったエボニーという名のメスの子ネコがいました。エボニーは、他の猫への感染を防ぐために、隔離されなければいけませんでした。しかも、寿命は2-3年・・・

カフェのオーナーは可哀そうに思い、この子猫の遊び相手になる猫意外の動物はいないかと探しました。そして、近所の動物保護施設にいた白ネズミを見つけ引き取りました。白ねずみはアイボリーと名づけられました。

アイボリーは子ネコの相手として理想的、そして実際もうまくいったのです。エボニーは5カ月後に死んでしまい、2年後にアイボリー(ネズミの寿命は約2年)も死んでしまいましたが、エボニーは遊び相手がいてよかったでしょう。

うまくいったので、オーナーは再び施設から2匹のネズミを引き取りレミーとエミールと名づけました。

カフェのウェブサイトによると、

ネズミは体の大きさが子ネコとほとんど同じなので、子ネコを恐れない。子ネコに尻尾を追われたり、飛びつかれたりすることも多いが、子ネコが静かにしている限り、問題はない

とのことですが、本来ネコは本能に基づいて行動します。そして、ネズミは自然界においてネコに捕食される存在、例え仲がいいとはいえ、ネズミの動作によっては、ネコの狩猟反応を刺激する可能性があるという意見もあります。こんな心温まる話なのに、子猫がネズミをハンティングしている図を想像してしまいました・・・

でも、Youtube動画を見ている限り、平和そうですよね!この大きさだったらまず大丈夫でしょう!

★動画はこちら



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする