深川麻衣(まいまい)初主演映画パンとバスと2度目のハツコイ!元乃木坂46の最年長が女優へ!wikiプロフやインスタ画像あり

スポンサーリンク




東京国際映画祭で上映決定!聖母 深川麻衣「結婚」をテーマにした映画で初主演!乃木坂46卒業し本格始動!映画の内容は?

第30回東京国際映画祭は2017年10月25日に開幕し11月3日まで開催されます。

今回、深川麻衣は塔別招待作品として出品されることが決まり、ワールドプレミア上映(期日は未定)されることも発表されました!いきなり、国際的に認知される舞台に登場は本当にすごい事です!

深川麻衣のwikiプロフィールやインスタは?

名前:ふかがわ まい 深川 麻衣
生年月日 1991年3月29日(26歳)
出生地 日本 静岡県磐田市
身長 162 cm
血液型 O型
職業 女優
ジャンル テレビドラマ
活動期間 2010年 –
事務所 テンカラット

★Instagram⇒https://www.instagram.com/fukagawamai.official/?hl=ja

★オフィシャルHP⇒http://tencarat.com/talent/talent042/

初主演映画「パンとバスと2度目のハツコイ」

監督は恋愛映画でおなじみの今泉力哉(いまいずみ りきや)監督!

「結婚」をテーマにした恋愛映画で独自の結婚観を持つ主人公、市川ふみを演じる。映画初挑戦でいきなり主演!

ストーリー

ふみは「私をずっと好きでいてもらえる自信もないし、ずっと好きでいられる自信もない」という考えの持ち主。プロポーズをされても、踏ん切りがつかず、別れてしまう。パン屋で働いていると、ある日、中学時代の初恋の相手、湯浅たもつと偶然再会する。湯浅は離婚した元妻を今でも忘れられないが、ふみは「初恋相手は今も相変わらず魅力的」と感じ、2人は微妙な関係になっていく。

三代目J soul brothersの山下健二郎(32)が相手役の湯浅を演じる。

ちなみに監督は、今泉 力哉(いまいずみ りきや、1981年2月1日 – )

日本の映画監督で脚本家。奥さんは、2012年に『聴こえてる、ふりをしただけ』で第62回ベルリン国際映画祭子ども審査員特別賞を受賞した映画監督の今泉かおり。

今泉 力哉監督は、いままで、「たまの映画」「終わってる」「こっぴどい猫」「サッドティー」「鬼灯さん家のアネキ」「知らない、ふたり」「退屈な日々にさようならを」「パンとバスと2度目のハツコイ」/ 乃木坂46個人PV「水色の花」「早春の発熱」「かなしくない」「ほりのこもり」「白石麻衣似の多田敦子」「映画館バイトの恋」などを手掛けています!

深川麻衣の初写真集


深川麻衣ファースト写真集 ずっと、そばにいたい(セブンネット限定表紙Ver.)


深川麻衣ファースト写真集 ずっと、そばにいたい

『ハルジオンが咲く頃』

深川 麻衣は14枚目がグループとして活動する最後のシングルで初めてセンターを務めることに

ハルジオンが咲く頃(Type-A)(DVD付)

深川 麻衣主演舞台「Skip」

絵が得意

まとめ

乃木坂46の頃は、グループ最年長で後輩の面倒見が良く「乃木坂の母」「聖母」と慕われた深川麻衣。最年長メンバーの宿命ともいえる「BBA扱い」をまったくされなかったのも深川麻衣の人徳ゆえん。舞台に映画に大活躍の兆し。嬉しいですね!今後の活躍に益々期待です!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする