小室哲哉(こむろてつや)が週刊文春の文春砲不倫疑惑を受け引退!KEIKOの現状は?不倫相手はクロスロード出演?wikiプロフィールやインスタ写真あり!不倫報道2018



小室哲哉の自己破産借金16億円はいつ?事件の詳細は?文春砲のツイッターは小室擁護の批判コメ多数で炎上中!不倫相手との関係はいつから?

小室哲哉(こむろてつや)のwikiプロフィールやインスタ画像

名前:小室哲哉 こむろてつや
ミュージシャン
小室 哲哉は、日本のミュージシャン、音楽プロデューサー。東京都府中市出身、東京多摩振興特命武蔵国府中大使。元尚美学園大学芸術情報学部教授。妻はglobeのボーカルのkco。愛称は「てっちゃん」「先生」「TK」など。身長167cm、体重57kg。血液型はO型。 ウィキペディア
生年月日: 1958年11月27日 (59歳)
生まれ: 東京都 府中市
配偶者: kco (2002年から)、 Asami (2001年 – 2002年)、 大谷 香奈子 (1988年 – 1992年)
参加ユニット: globe、 TM NETWORK (1983年から)、 H Jungle with t (1995年- 1996年)

小室哲哉の自己破産

1990年代エンタメ業界を一世風靡した名プロデューサー。楽曲提供したアーティストは「小室ファミリー」と呼ばれ、安室奈美恵や華原朋美、TRF、hitomi、鈴木あみなど・・・出す曲出す曲ヒット曲のオンパレードでお金も次々と舞い込み、そして湯水のごとく使っていました。その豪遊ぶりもすごいものでしたね。小室哲哉は高額納税者番付で全国4位を記録するほど稼いでいましたから。その当時の年収が23億ほどと言われています。

そして、これが転落人生の始まりでした。金銭感覚は狂い、もともと音楽を作ることを楽しんでいたらお金が入ってきたというタイプなので、経済面にはうとく任せきりというより無頓着でした。数千万のギターを購入したり世界に25台しかないベンツを所有したり、月の生活費800万円、家賃210万円、事務所運営費も1200万円ともはや経済観念がくるいまくってしまいました。そして、いつしかブームが去り仕事が無くなってもしばらくその様な生活を続けていたそうです。

借金スパイラルへと陥ってしまった理由として、

・金銭感覚のくるい

・海外進出のための出資、失敗で借金が膨らむ

・Asamiとの離婚慰謝料7億円(Asamiとは子供をもうけており僅か1年のスピード離婚)

・KEIKOとの結婚に5億円

そして、2006年頃、あの5億円詐欺事件が起こったのです。この借金だらけの現状が明るみに出たのはこの事件からでした。

所有していない楽曲の著作権を譲ると投資家から5億円を騙し取ったとして刑事告訴されました。受け取った5億円は借金返済にあてたといいます。結局、エイベックス代表の松浦勝人氏がポケットマネーで借金を立替、小室哲哉を救ったことで事件は一旦おさまりました。

それから、仕事に打ち込み借金は返済できたのでしょうか。現在、自信がプロデュースした楽曲の著作権は小室氏にはないようです。

小室哲哉引退会見まとめ

本日1月19日の内容をお伝え致します。ご心配お騒がせして申し訳ございません。よかったら読んでみてください。 今回の報道により、妻であるKEIKO、家族、ファンの皆様にご心配をおかけし、お相手の方にご迷惑をおかけしたことをお詫びいたします。 私なりのこの騒動のけじめとして、引退を決意しました。 まずは、2010年までさかのぼらせていただきます。執行猶予付きとはいうものの、金銭問題による有罪判決を受け、五年の歳月を過ごす中、妻、桂子の急病、入院時からのサポートという環境で仕事を続けて参りました。桂子の後遺症は幸い身体的なものはありませんでしたが、歌手という職業に戻る事は出来てない状態です。 最初の一年ほどはカラオケなど誘って、歌に向かせようとしましたが、音楽に興味がなくなり、すぐ音の世界から遠ざかる日々がやってきました。 私は皆さまの支援もあり、音楽の仕事を続けることが出来、年々日々、多忙になりました。そのため、桂子のサポートや付き添いの役目を近くのスタッフや、実家のご家族に協力お願いすることが多くなり、東京都内の生活が3分の2、実家での生活が3分の1ほどの割合になってきてしまいました。昨年は夏前の1ヵ月、11月からの2ヶ月ほどは実家のご家族にサポートをお願いしております。 約2年前にC型肝炎を患い半年闘病生活送りました。桂子だけでなく私も病気になり、2人での闘病生活と言う大変辛い時期を過ごしました。今更ですが、あの時いろいろな方向転換であったり、芸能活動の縮小をすべきだったとも思っております。薬の副作用は想像以上に大きく、体の色々な機能にも影響を及ぼしました。現在も常に定期検診を行っております。 何とか仕事に復帰した一昨年から、自分は昨年の8月にストレスによる摂食障害、睡眠障害などで入院をしなければならなくなりました。複数のお医者様、看護師の皆様の協力を経て、秋から仕事に復帰でき、なんとか順調な状態に戻れたかと思っておりましたが、完治はせず、突発性の難聴を含む体調不良に現在も悩んでおります。そんな中A子さんのクリニックは早朝、昼休み、ときには深夜などの診療または往診に応じてくれまして、日に日にスタジオ、コンサート会場、桂子が在宅中の深夜の往診などが増えました。突然依頼することも多くなり、会話も雑談的なものから日々の生活の悩みまで、メンタルケアと言えるような時間も増えてきてしまいました。私の精神的な甘えから、お互いのプライベートの悩みや心配事なども話し合うようになりました。 3度ほど桂子が在宅中にも往診に来てもらったこともあり、私の気の緩みから桂子を実家に預けている日にも往診に来てもらう事が増えてしまいました。 そういった経緯で皆様に誤解を与えてしまう行動を起こし、ファンの皆様にご迷惑と不快な思いをさせてしまい、申し訳ありません。お詫び申し上げます。 体調不良は今も変わらず、耳鳴りも止まらず音楽制作の滞りも増え、皆様の期待に応えられるような楽曲がなかなか作れず簡単に一週間が過ぎてしまうスタジオ生活もあり、一般的な定年の年である60歳を前にこのようなレベルの音楽制作で良いのかという、不安と懸念と自信のなさが高まるばかりの日々でした。2018年の11月には還暦を迎えると言う事であと1年、皆様の期待に応えられるような音楽制作ができるのかという不安に駆られる日々がさらに続きました。桂子にも当然悩みは伝えましたが、理解してもらうことも難しいなという認識でおりましたので、ほとんどの心配事は、医療の知識とメンタルケアの知識を持ったA子さんに頼る年末年始となってしまいました。そういった状況の中で2010年に遡りますが、気持ちとしては裁判所で聞いた主文、判決の様な感覚を、週刊文春さんの突然の取材から思い出しました。一般的には正式な犯罪とは言えないものの、起訴され有罪判決を受けたような気分になりました。私の勝手な思い込みですが、罪があれば罰もある、そんな感覚を持つ数日間でした。 去年から頭にもたげていた音楽生活の引退という、皆様にお疲れ様と言ってもらえるような祝福を受け、グラウンドを去るアスリートのような夢を見た引退の日とはかけ離れたものとなってしまいましたが、今回の報道による罪を償う手段として、音楽をなりわいとする私は音楽の道を退くことが私の罰であると思いました。 昨年末までに私が作った楽曲の中で、愛着がある物、出来栄えが良かったもの、皆さんが気にいってくださった曲、今後もどなたかが愛してくれる曲、そういった楽曲を残していくためには、今の私のようなふらついた精神、芳しくない体調では期待に答えられず、自分が作った楽曲を殺しかねないと言う恐怖感念にも駆られております。 想像していたより、少し早まってしまいましたが、作曲を始め、音の制作、ライブ演奏その他音楽に関する仕事を引退をすることで、今回の罪に対する罰と認識し、現在引き受けさせていただいているお仕事を全うさせていただくことが許されるのであれば期待に応えるべく制作させて頂き、自発的な音楽活動は今日をもって退こうと思っております。(続く)

Tetsuya Komuroさん(@tk19581127)がシェアした投稿 –

小室哲哉とA子さんとの関係は?

・誤解を招く甘い言動が多くあった

・本人は病人と看護師の関係だと思っている

・治療の延長でKEIKOがいるときでも2.3回来てもらっていた

・小室哲哉の部屋でも寝ていたと思う(一緒に)うーん、はいと濁した答え

A子さんはどんな人?クロスロードで登場していた!

・柴崎コウ似で一緒にテレビに出たこともある

・クロスロード(Crossroad)に出演していた

Crossroad クロスロード
エヌ・イー・シー・プレゼンツ・クロスロード
テレビ番組
『NEC presents Crossroad』は、2013年10月5日から2017年3月25日までテレビ東京系列局で放送されていたテレビ東京製作のドキュメンタリー番組である。全173回。放送時間は毎週土曜 22:30 – 23:00 。

・A子さんはニンニク注射で有名な都内クリニック勤務していた

・手際よく注射を打つ姿は頼もしい

・A子さんは離婚歴があるバツイチでシングルマザー

・小室哲哉のマンションから5分以内に住んでいる

不倫の疑惑は?

・2016年3月A子がクリニックを辞め付き合いが始まる

・スタジオや仕事場、自宅にA子を呼び注射を受ける

・2017年12月A子宅から小室が朝帰り(クリスマスも2人?)

・2018年1月高級ホテルやKEIKO不在の自宅で密会

本人は否定

・A子さんは仲のよい信頼できる看護師さん

・KEIKOと大人の女性としてのコミュニケーションが出来なくなりA子さんへの依存が強くなった

引退はどうして?

・小室哲哉なりの騒動のけじめとして引退を決意

・自発的な音楽活動は今後退く意向

・音楽の能力の限界、体力の限界、疲れてしまった

KEIKOの病状や現状の様子は?

・身体的後遺症はなし。脳に機能障害があり女性というより女の子みたいになっている

・小学4年生のドリルを楽しんでやっている

・音楽への興味が減ってピアノのフレーズを弾いても30秒聞くのが持たない

・1年にほんの数回だけ会話が通じることがある

小室哲哉の病状や現状の様子は?

・2016年にC型肝炎になり、一人で半年治療

・2017年6月、ストレスによる突発性難聴になり、現在も左耳がほとんど聞こえない

・男性としての欲求や能力はここ5.6年ない

引退後はどうするの?

会見ではもともと60歳を区切りと考えていたようですが文春砲が全ての決断を下してくれたと言っていましたね。「ありがとう」とさへ思ったと・・・本当に疲れていたのでしょう。

最近は、仕事の納期が遅れたり、音楽を生み出す力がなくなったり、能力的な限界と、病気で体力的限界を日々感じていたようですね。1時間40分もの長い会談で今時珍しく誠実なものでした。ご本人もあまり綿密に計画していない引退のため、今後の経済面については未知数でどのぐらい生活レベルが下がるのか、現時点で検討が全くつかないというものでした。しかし、現在引き受けている仕事は責任を持って全うする、また必要とされる時は仕事をするような事を芸能リポーターの耕造氏はコメントしていました。あくまで自発的な活動を一切やめるということで求められれば体力と精神力に応じて対応するということでしょう。生活もかかっています。

SNSアカウントは?

★Instagram⇒

某日、レコーディングスタジオにて。 25年間で、初めてのツーショットかも(^ ^)

Tetsuya Komuroさん(@tk19581127)がシェアした投稿 –

僕からしたら、奇跡の 1枚です。撮影してくれた方にありがとうと、伝えたい。

Tetsuya Komuroさん(@tk19581127)がシェアした投稿 –

20ねんぶりの再会でした🎉

Tetsuya Komuroさん(@tk19581127)がシェアした投稿 –

テレビ東京にて

Tetsuya Komuroさん(@tk19581127)がシェアした投稿 –

3/31手術日で待機中

Tetsuya Komuroさん(@tk19581127)がシェアした投稿 –

kco(KEIKO)のwikiプロフィールやインスタ画像

名前:kco けいこ
歌手
KEIKOは、日本の歌手である。エイベックス・ヴァンガード所属。大分県臼杵市出身。夫は同じくglobeのメンバーである小室哲哉。音楽グループ globeのヴォーカリストとして活動、『K-C-O』名義でソロ活動も行っていたが、病気療養のため2011年10月より活動停止中。血液型はA型。 ウィキペディア
生年月日: 1972年8月18日 (45歳)
生まれ: 大分県 大分市
配偶者: 小室 哲哉 (2002年から)
両親: 山田 喜美代、 山田 晋太郎

デビュー前にテストで撮影してみた KEIKOさん。 緊張感あるなー。

Tetsuya Komuroさん(@tk19581127)がシェアした投稿 –

文芸春秋へ批判殺到

不倫報道が小室哲哉を引退へと追い込んだとして報道に対して批判が強まり、ツイッターには批判コメントが殺到し炎上しました。しかし、週刊誌は今も昔も芸能人のスキャンダルを暴くのが仕事で、こういう反応になるのは、受け皿である世間が変わったのでしょうか。報道して批判があるから報道しないというのは本末転倒だし、報道してみないと世間の反応は分かりません。今回、小室哲哉があまりにも疲れ切った様子で引退表明したので、同情するのは自然なことでしょう。しかし、週刊誌に対して批判をぶつけるというのは少々違和感が感じられます。本来、知りたがったのは世間だったわけですから・・・嫌なら見なければいい、見る人が減る、需要がなくなる、消えていくという風に結局は、多数決となり自ずと淘汰されていくのではないでしょうか。

★Twitterアカウント⇒

まとめ

数々の伝説を作った人だけに引退のきっかけが不倫疑惑というのが本当に切ないですね。あの安室奈美恵というスターも小室哲哉がいなかったら生まれていなかったでしょう。それほど、エンターテインメント史に名前を刻んだひとりであることは間違いありません。まるでジェットコースターのような人生です。日本トップクラスのミリオネアとなり多額の借金、離婚、結婚、妻の病気、自身の病気・・・そしてあまりの転落に、もう恐らく不倫疑惑というスキャンダルの矢面に立ち向かっていくだけの気力と体力が残っていなかったのでしょう。しばらく療養されてお金や義務感にとらわれず、好きな音楽に没頭して音楽を純粋に楽しんでほしいなと思いました。この苦しみを乗り越えて作った音楽で、色んな悩みを持つ人の力となるような音楽が生まれるのを楽しみに待ちたいですね!

★文春砲Twitterアカウント⇒

【関連記事】

安室奈美恵が引退についてNHKで独占告白!放送はいつ?引退の理由は?今後はどうするのか? 安室奈美恵NHKで独占インタビュー番組決定! ...
安室奈美恵やベラとも共演したJOLIN CAI(蔡依林)って誰?台湾の歌手でモデル ベラも驚愕した、驚異の37歳!どう見てもアラフォーには...



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする