笹間渡発電所(ささまどはつでんしょ)が静岡県の山奥にある長方形の建物らしきものがある謎エリア!茶畑がきれい!世界の何だコレ!?ミステリー



笹間渡発電所(ささまどはつでんしょ)が廃墟マニアに人気が出そうな新スポット!世界の何だコレ!?ミステリー~怪魚!秘境!廃墟!謎解き大調査SP~

静岡県の山奥にある石でできた鳥居の様なもの、うっそうとした山道の奥に進むと小屋がありなぜかスケート靴が・・不気味です。そして建物の近くに綺麗に手入れされたお茶畑があります。4階建てくらいの建物は大変古く、近くには山へと続くワイヤーが。そして滑車の様なものが向かいの山に続いています。

建物の中は古いですが綺麗です。実はこちらは旧水力発電所の跡だったそうです。要塞の様な建物は水を流すための笹間渡発電所(ささまどはつでんしょ)だったということです。

笹間渡発電所(ささまどはつでんしょ)

茶畑に眠る廃発電所

★Instagram⇒

場所は〒428-0101 静岡県島田市川根町笹間渡周辺と考えられます。

【関連記事】

廃墟お勧めスポット マヤ遺跡が凄い!



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする