瀬尾まなほ(せおまなほ)は瀬戸内寂聴(せとうちじゃくちょう)の美人秘書!年齢や彼氏は?wikiプロフィールやインスタ写真は?深イイ話



瀬戸内寂聴(せとうちじゃくちょう)の秘書が可愛い!彼氏や結婚は?まなほの寂庵日記が面白い!深イイ話・今くら

元旦に放送される今夜くらべてみましたで後藤が瀬戸内寂聴の豪邸に訪れ、彼女とその美人秘書と対面を果たします!ベールに包まれていた美人秘書の瀬尾まなほ(せおまなほ)と瀬戸内寂聴の暮らしが明らかに?プロフィールはこちら

瀬尾まなほのwikiプロフィールやインスタ画像

名前 瀬尾まなほ せおまなほ
生年月日 1988年2月22日 現在29歳
出身 兵庫県
大学 京都外国大学英米語学専攻

●大学卒業後、京都のお茶屋でアルバイトしていた時の知人の紹介で寂庵さんの秘書として就職(身の回りのお世話)

●秘書の応募はたくさんあったが、文学少女じゃないという理由で即採用

●就職して3年目に長年勤めていたスタッフ4人が退職

●独身、彼氏の存在は確認できず

●本を出版している

◆◆おちゃめに100歳!寂聴さん / 瀬尾まなほ/著 / 光文社

おちゃめに100歳! 寂聴さん [ 瀬尾まなほ ]

まなほの寂庵日記とは? #神奈川新聞

●「まなほの寂庵日記」(1)95年生きる気持ちとは

 1922年5月15日生まれの瀬戸内寂聴先生は、今年で満95歳を迎えた。この日は、京都の年中行事「葵祭」。先生が再興した、御所の真ん前にある町家「羅紗庵」の2階から、平安装束に身を包んだ行列を間近に見ることができる。 ただし、私はそれを一度...

●「まなほの寂庵日記」(2) 死ぬまで作家として生きる

 「寂庵」にくるまで私は瀬戸内寂聴先生のことを「尼さん」としてしか知らず、小説家という認識は全くなかった。今でも先生はこの話題を持ち出しては、あきれて笑っている。「本ばかり読んでいる文学少女は、掃除も料理も下手で仕事にならないからダメ」と先...

●「まなほの寂庵日記」(3) 夢をかなえる強い意志

 「あなたの夢は何ですか?」と問われて即答できる人は果たしてどれほどいるだろう。 小学3年でつづり方を先生に褒められ、五つ上の姉の影響で本をたくさん読んでいた瀬戸内寂聴先生。当時から将来の夢は「小説家」だった。約87年前の夢をかなえ、ペン一...

●「まなほの寂庵日記」(4)私の夢は本を出すこと

 特にこれといった特技や秀でたものが何もない私。「あの子になれたら、もっとうまく生きられるのに」。自己否定を続けた先に待っていた未来はあやふやで、希望もなかった。そんな私の人生を変えたのは、瀬戸内寂聴先生との出会い。先生はそんな私を、軽々と...

●「まなほの寂庵日記」(5) 先生へのお礼は誠心誠意

 瀬戸内寂聴先生が夫と娘と暮らす家を飛び出して小説家を目指していた27歳の頃、少女小説を書いては少女雑誌に送りつけていた。ある日、街の本屋で出会った三島由紀夫の小説に感動し、初めてファンレターというものを三島宛てに送った。ついでに、自分も作...

●「まなほの寂庵日記」(6) 先生が褒めてくれたなら

 「ははは」と声が響いた。瀬戸内寂聴先生が、初めて私が書いた本を読んでケラケラと笑っている。ありのままの先生を書いた「おちゃめに100歳!寂聴さん」が、ついに出た。暴露本でもあるかもしれない。 今年に入ってすぐ、...

瀬尾まなほ(せおまなほ)の写真やインスタ画像は?

本を出版されましたが公式SNSはないようですね。

★Twitter⇒

瀬戸内寂聴のwikiプロフィールや写真

名前:瀬戸内寂聴 せとうち じゃくちょう
著作家
生年月日: 1922年5月15日 (95歳)
生まれ: 徳島県 徳島市
学歴: 東京女子大学
書籍: おにぎり食べたお地蔵さん、 寂聴イラクをゆく: 殺スナカレ殺サセルナカレ
映画: 夏の終わり
両親: 瀬戸内豊吉、 瀬戸内コハル

●瀬戸内 寂聴は、日本の小説家、天台宗の尼僧

●俗名:晴美

●京都府在住

●僧位は権大僧正

●1997年文化功労者、2006年文化勲章

●徳島県立高等女学校、東京女子大学国語専攻部卒業

●学位は文学士

●元天台寺住職、現名誉住職

●比叡山延暦寺禅光坊住職

●元敦賀短期大学学長

●徳島市名誉市民

●京都市名誉市民

★公式ホームページ⇒https://www.jakuan.jp/

長生きの秘訣は?

瀬戸内寂聴の長生きの秘訣はずばり笑うこと!だからまなほさんと一緒にいるそうです。

まとめ

瀬戸内寂聴さんはもう95歳になるんですね!秘書がいるなんて驚きですね。子供はいらっしゃるようですが、不倫で夫や子供をおいていった経緯があり交流はないようです。瀬尾まなほさんが何故、22歳の若さで寂聴さんに就職することになったのかとても興味深いですね。

知人の知り合いということですが、もっと別の本質的な理由が存在するはずですね。京都外大を卒業し今日まで寝食を共にしお世話をするなんて普通の感覚だったらお給料が良くても嫌だと思ってしまうはず。20代は一番楽しいときです。友達と出かけたり、彼氏とデートを楽しんだり、自分の自由な時間を気ままに最大限に有意義に使える年代でしょう。どうして、秘書として生きようと思ったのかいつか聞かせてほしいですね。

そして、就職して3年目に4人ものスタッフが一斉に辞める・・・これもきっと確執やドラマがあったはずですね。とにもかくにも、瀬戸内寂聴さんの信頼を一心に受け、それに応えてきたのでしょう。

タメ口で何でも言い合える仲というのも面白いですね。朝起きて、「このパンティ可愛いでしょ!ほら」と自分の下着を見せる。そして、「先生のパンツはおへそまである。そんなの、今どき誰も履かないですよ。今度可愛いの買ってあげますね!」と冗談を言ったり、マッサージをしながら「どうして鼻筋がないんでしょうね?」「これじゃ転んでも、鼻は怪我しない、頬っぺたが怪我しますね」とか「足が短い」と、かからかって「95歳がスタイルいいと言われるわけないでしょ」と寂聴さんもその返しを楽しんでいるそうです。関西のノリでしょうか。そこに信頼関係があるからこそ出来ることなのでしょう。今後の活躍に期待です!

【関連記事】

野田真奈(のだまな)はボディビルダーで筋肉が凄い!麻生弘文って誰?野田真奈のフィットネスジムはどこ?胸のカップは? 1/22 (月) よみ...



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする