高橋智隆(たかはしともたか)はロボットクリエイター、アナザースカイ出演LAへ!wikiプロフィールやインスタ写真あり



高橋智隆が超イケメン!ロボットクリエーターでアナザスカイに出演!嫁や子供は?過去には情熱大陸にも出演も

毎回楽しみに見ているアナザースカイ another sky、11/10 (金) 23:30 ~ 0:00に出演するのはあのロボットクリエイター高橋智隆さん!語学留学をしていたLAの地へ。ロボットが活躍する最先端ホテルや今後のロボットの未来について語ります。

高橋智隆のwikiプロフィールやインスタ画像

名前:高橋智隆(読み方:たかはし ともたか) TOMOTAKA TAKAHASHI
ロボット研究家
高橋 智隆は、ロボットクリエーター。株式会社ロボ・ガレージ代表取締役社長。
生年月日: 1975年3月27日 (42歳)
生まれ: 大阪府
学歴: 京都大学

●車や釣りが好き

●雑誌ディアゴスティーニの「組み立てロボット・ロビ」を開発

株式会社ロボ・ガレージ代表取締役社長

●東京大学先端科学技術研究センター特任准教授、大阪電気通信大学総合情報学部メディアコンピュータシステム学科客員教授、福山大学工学部電子ロボット科客員教授、ヒューマンキッズサイエンスロボット教室アドバイザー、ロボット専門店ロボベース顧問。

グローブライド株式会社社外取締役

★ツイッターアカウント⇒https://twitter.com/robogarage

高橋 智隆の経歴や略歴は?

●大阪府出身(出生は京都大学医学部附属病院)

●大阪、滋賀、カナダで育つ

●比叡山中学校、立命館高等学校を経て、立命館大学産業社会学部に入学、1年間留学し1998年卒業

●数社から内定を得ていたが納得できるところではなかったため、内定辞退し予備校に入学

●翌年1999年、京都大学工学部に再入学

●在学中に2足歩行ロボットを開発し、関西テクノアイデアコンテストグランプリを受賞

●2003年に物理工学科メカトロニクス研究室を卒業

●2003年個人事務所「ロボ・ガレージ」を創業

●2004年には代表作「クロイノ」が米タイム誌で「最もクールな発明」に選出

●ポピュラーサイエンス誌では「未来を変える33人」の一人に選出

●ロボットクリエーターとして、ロボットの研究、設計、デザイン、製作

●サバンナ (お笑いコンビ)の八木真澄とは、高校・大学(立命館大学)では同窓生

高橋智隆さんの両親や妻・子供は?

●高橋智隆さんの父親は大学院の内科医

●母方の祖父が工学部出身で、自宅に工作室を持っていたこともモノ作りが好きになるキッカケになった

●母親はあまりブリキのおもちゃを買ってくれず、代わりにブロックを買ってくれた

●奥さんは一般人ですが、職業は弁護士

●子供の情報は確認できず

高橋 智隆の著書

ロボットの天才 /メディアファクトリ-/高橋智隆 / 空想科学文庫

史上最強のロボット! /メディアファクトリ-/高橋智隆 / ナレッジエンタ読本

過去に制作した個人制作作品

高橋智隆が個人製作したロボットは膝を伸ばして直立し、そこから膝を曲げて移動する(この技術はSHIN-Walkと呼んでいる)など人間の動作にかなり近づいたものが特徴的

●クロイノ 2003


●FT
●neon 2003


●マグダン
●EVOLTA

過去の出演TV番組

・いのちの響(TBS)
・トップランナー(NHK)
・情熱大陸(毎日放送)
・笑っていいとも!増刊号(フジテレビ)
・戦士の逸品(テレビ東京)
・溜池Now(GyaO)
・CONTACT CAFE C(メ~テレ)
・たけしアート☆ビート「高橋智隆」(NHK BSプレミアム)
・マツコの知らない世界(TBS)
・ROBOT SCANDAL in GFO 2013(テレビ大阪)
・世界一受けたい授業(日本テレビ)

まとめ

ロボットの未来は、明るいのでしょうか?ロボットの進化にはとても夢がありますね。しかし、一方で人間の職を奪う可能性も指摘されていますね。自動車が自動運転をする⇒一瞬凄い!事故も起こさない完璧な運転が可能に!?と思いますが、それが当たり前になるとタクシードライバーはいらなくなります。

しかし、個人的に医療や過疎地でのロボットの活躍を期待しています。過疎地では若い人が都会に行き、高齢の人が一生懸命、日本の棚田の風景を守っています。農業や林業はお年寄りにはとてもハードな分野です。医療の現場も人手不足が問題となっていますね。そんな人間の力が不足している現場をアシストしてくれる様なロボットや機械が発明されるといいなと切に願っています。最先端でロボット開発に取り組んでいらっしゃる高橋智隆の話が聞けるのはとても楽しみですね!



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする