ときど(谷口一)は東大卒のプロゲーマー!年齢や経歴は?梅原大吾がきっかけでプロ?wikiプロフィールやインスタ写真は?笑ってコラえて



世界最大の格闘ゲーム大会EVO 2017で東大卒天才プロゲーマーときど(谷口一)が優勝!東大卒プロゲーマー 論理は結局、情熱にかなわないの著者!

11/22 (水) よみうりテレビ(Ch.10)19:00 ~ 21:54笑ってコラえて!浮かれたオヤジ祭SPで東京大学卒のプロゲーマー「ときど」が紹介されますね。eスポーツの賞金は10億円も⁉東大を卒業した男が選んだ仕事は格闘ゲームのプロゲーマー!持ち前の頭脳で連戦連勝し世界一を手にするも天才ゆえの弱点が発覚!大熱狂の世界一決定戦に密着!東京大学卒業のプロゲーマー!勝てる公式を捨てて辿り着いた必勝法とは?

ときどのwikiプロフィールやインスタ写真

ニックネーム:ときど
本名:谷口一 たにぐち はじめ
生誕: 1985年7月7日 (32歳)
出身:沖縄県那覇市生まれ、神奈川県横浜市育ち
国籍: 日本
出身中高校:麻布中学校・高等学校
出身大学:東京大学工学部マテリアル工学科卒・東京大学大学院中途退学

●東京医科歯科大の講師だった父と歯科医だった母の間に生まれる

●イジメにあった時に救ってくれたのがゲームだった

●自由な校風な名門、ゲームに夢中になり研究した

●書籍:東大卒プロゲーマー 論理は結局、情熱にかなわない (PHP新書) [ ときど ]

●名前の命名はゲーマー仲間で、ザ・キング・オブ・ファイターズ’98の大会の時、「とんで、キックして、どうしたぁ!」と連続技ばかり使っていたことから「ときど」とついた

●世界大会のEvolution2002にときどとして出場、17歳で決勝まで進み初優勝

●東大は一度目受験は失敗、翌年合格(東大は父の夢だった)

●東大在学中、バイオマテリアル研究の成果が国際学会で評価されたことも

●大学院入試合格もやりたい研究室に点数が足りず入ることができなかった

●しかし、学業でも人間関係でも失敗を繰り返し、何度も価値観の修正を迫られ挫折

●「バーチャの鉄人」に出会い、プロゲーマーの存在を知る

●大学院に入ったころに、梅原大吾がプロゲーマーになったため、ときどもプロゲーマーを志した

梅原大吾のプロフィールはこちら

梅原大吾 うめはら だいご
ゲーマー
梅原 大吾は、日本のプロゲーマー。 日本での愛称はウメハラ、ウメ、ウメさん。アメリカでは本名のDaigoのほか、The Beastというニックネームでも知られる。 2D対戦型格闘ゲームにおいて数々の大会を制している、国際的に著名な格闘ゲームプレイヤー。
生年月日: 1981年5月19日 (36歳)
生まれ: 青森県
所属チーム: Cygames
出身地: 東京都
兄弟姉妹: Hoyumi Umehara

●合理化や効率化こそが成功への近道と固く信じていた価値観が、すべて崩れ去り、プロゲーマーになるきっかけとなった

●スポンサーはEcho Fox

●2012年、2013年の大会で優勝

●完璧すぎる公式でときどのゲームは機械みたいでつまらないと批判を受ける。プロ3年目に格下のももちと対戦し、まさかの敗戦

●想像力とか好奇心を常に磨くという大学院での先輩のアドバイスを思い出し、想像力を鍛える様に尽力

●チェスにも挑戦、実際の格闘技も実践、ジムにも通い体力作り

●EVO2017の「ストリートファイター5部門」で優勝、eSports会で有名だったPUNK(18歳)と対戦

●スポンサーはEcho Fox

ときどのSNSアカウントは?

★Twitterアカウント⇒

見事優勝したようですね!おめでとうございます!

#百花繚乱 #インフィルトレーション #ときど #こくじん #ウメハラ #マッドキャッツ #スマブラ64

わたるさん(@g.watawata)がシェアした投稿 –

EVOとは?

The Evolution Championship Series(エボリューション・チャンピオンシップ・シリーズ、略称:EVO)はコンピュータゲームの1ジャンルである対戦型格闘ゲームのエレクトロニック・スポーツ大会の一つ。eスポーツ(e-sports)の祭典として、確固たる地位を築いている大会です。EVOの大会は6つのメイントーナメントと5つのサイドトーナメントで構成されています。種目に使用されるゲームは毎年変わります。

【関連記事】

ロンドンブーツ1号2号の田村淳がビーブルーベンチャーズの社長に!ベンチャー投資や新規事業?青学受験勉強中の合間にCEOになっていた! 突然...

実は、2024年のパリオリンピックにて競技化も囁かれる“e-Sports”なのです。国際オリンピック委員会(IOC)の代表トーマス・バッハ氏が海外メディアのインタビューにて、e-Sportsのオリンピック競技化についてその見解を語っています。勝てば10億円の賞金が出る大会もあるそうです!凄いですね。最近ロンブー敦が新しい会社を設立したというニュースがありましたが、このe-sportsにも目をつけているようです。

★EVO Japan公式ホームページ⇒https://evo-japan.net/

★Twitterアカウント⇒

★Instagram⇒

まとめ

2017年7月14日から16日(現地時間)にかけてアメリカ・ラスベガスで開催された世界最大の格闘ゲーム大会EVO 2017でときどさんは見事優勝し日本人で頂点に輝いたそうですね!!しかも東大卒、なんと誇らしいのでしょうか。今年2017年は、種目となった9タイトルのうち、3タイトルで日本人選手が優勝を勝ち取ったそうです。次回のEVO2018の開催地は、なんと日本!ゲームの世界は日本のお家芸!是非、今後もゲーム業界の発展とゲーマーの育成に期待したいですね!



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする