津田大毅(つだだいき)は広島カープ炎のストッパー津田恒美(つだつねみ)の息子!wikiプロフィールやインスタ写真あり



爆報!THE フライデーあの人は今 自転車日本一周中!津田大毅がママチャリで日本列島横断は津田恒美記念館祈願設立のため!

11/17 (金) 19:00 ~ 20:00 爆報!THE フライデー【2時間ドラマ名優の因縁&あの人は今…大追跡SP】広島カープで“炎のストッパー”と呼ばれた伝説の投手・津田恒美の残された息子は今… 仕事は定まらず転職を繰り返す日々…謎の放浪生活をしていた! 日本中が涙した美談の裏で偉大な父の呪縛に苦しめられ続けた人生が!が放送されます。津田恒美さんの息子・津田大毅さんは現在どんな生活を送っているのでしょうか?プロフィールはこちら

津田恒美の息子 津田大毅(つだだいき)のwikiプロフィールやインスタ写真は?

名前:津田大毅(つだだいき)
生年月日:1988年 現在28歳
生まれ: 山口県 周南市
両親: 津田恒美、津田晃代

もう一度、投げたかった 炎のストッパー津田恒美最後の闘い/山登義明/大古滋久【2500円以上送料無料】

●津田恒美の一人息子、4歳の時に父が他界

●九州学院高校卒業

●九州国際大学卒業

●父と同じく野球人となる

●元広島の名監督、そして父・津田恒美が入団時の監督であった古葉竹識氏が監督を務める東京国際大学に編入

●怪我にも悩まされ、成績は大学4年生時のリーグ最終戦が初登板

●偉大な父「炎のストッパー津田の息子」という自負やプレッシャーに加えて怪我や焦りでなかなか大成できずに苦しい野球人生だった

津田大毅の現在は?

●大学卒業後、家庭用医療機器の営業やMC、外資系ビールの販売など一般企業で営業職を3年半ほど勤める

●2016年には会社に辞表を提出し、一念発起、恒実さんの記念館を広島市内につくる計画を立てる

●現在は父親の偉業を後世に伝えるべく「津田恒美記念館設立プロジェクト」として自転車で日本一周をしながら記念館設立のPR

●「自分の思いを現地で会った人に直接伝えながら、どんな記念館にしていくか考えていきたい」と抱負を語っている

旅の様子はSNSで発信中!

プロ野球愛された男たちの墓碑銘 (宝島sugoi文庫) [ 織田淳太郎 ]

津田大毅のSNSアカウントは?

★Instagram⇒

津田大毅@自転車日本一周中!
@daiki141016
父は元・広島東洋カープの投手 津田 恒美です。 『津田恒美記念館』を建てるために日々奮闘しております。をしておりますので宜しくお願い致します

‪ついたぜ石垣ー♩‬ ‪台風の影響でめっちゃ曇りだけど…‬

津田 大毅(自転車日本一周中!)さん(@daiki141016)がシェアした投稿 –

【プロジェクト進行中!】 https://faavo.jp/hiroshima/project/1663 ・残り日数 22日 ・当初目標達成率 572% ・ストレッチゴール達成率 65% ・集まっている金額 ¥22,895,000- ・支援者数 1,361人 皆様、本当にありがとうございます。 #faavo #cloudfunding #instalike 【プロジェクト進行中!】 https://faavo.jp/hiroshima/project/1663 ・残り日数 22日 ・当初目標達成率 572% ・ストレッチゴール達成率 65% ・集まっている金額 ¥22,895,000- ・支援者数 1,361人 皆様、本当にありがとうございます。 #instadaily #japan #hiroshima #yamaguchi #津田恒美 #津田恒実 #弱気は最大の敵 #広島東洋カープ #広島カープ #カープ #広島 #山口 #記念館

津田 大毅(自転車日本一周中!)さん(@daiki141016)がシェアした投稿 –

★ツイッターアカウント⇒

広島カープ最強伝説の幕開け (宝島社新書) [ 大野豊 ]

父 津田恒実のwikiプロフィールや経歴

名前:津田恒実 つだ つねみ
プロ野球選手
津田 恒実は、山口県都濃郡南陽町出身のプロ野球選手。右投右打。愛称は「ツネゴン」。旧名「恒美」。 ウィキペディア
生年月日: 1960年8月1日
生まれ: 山口県 周南市
死亡: 1993年7月20日, 福岡県 福岡市
身長: 181 cm
体重: 79 kg
配偶者:津田晃代
子供: 津田 大毅

●山口県の南陽工高時代に選抜甲子園大会で出場

●1981年に社会人野球を経てドラフト1位で広島に指名

●1982年に新人王獲得

●最速153㎞/hのストレートが売り

●1989年にはリリーフ投手に贈られるファイヤマン賞や最優秀救援投手を受賞

●1991年精密検査の結果で脳に悪性腫瘍を発見

●ファンや周囲には病名を隠し引退、闘病生活

●1993年7月20日、闘病生活むなしく32歳の若さで亡くなる(当時、息子津田大毅は4歳)

まとめ

父の偉大な功績がプレッシャーで、野球人生では自分を追い詰めて苦しんできたということです。まだまだ若いので野球ではなく自分らしく力を発揮できるところで頑張っていってほしいですね。現在、地道な活動によって、2400万円の資金が集まっているそうです!早く記念館が作り町おこしができるといいですね!



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする