植松仁(うえまつひとし)元競輪選手で長野オリンピック銅メダル選手が電車内で女性に体液!?現在は?wikiプロフィールやツイッターあり

スポンサーリンク




植松仁(うえまつひとし)長野オリンピック銅メダル選手が逮捕!結婚や子供は?wikiプロフィールやインスタ写真は?ツイッターあり

なんと元オリンピック選手が電車内で女性に体液をかけるという衝撃のニュースが・・・暴行容疑で逮捕されました。一体どんな状況で可能なのかよくわかりませんが、植松仁のプロフィールはこちら

植松仁(うえまつひとし)のwikiプロフィールや経歴は?

名前:植松仁/うえまつひとし/Uematsu Hitoshi
元オリンピック選手
生年月日: 1974年6月21日 (43歳)
生まれ: 岐阜県 岐南町
職業:自営業
結婚:既婚
出没地:東海地方
出身校:岐阜県立岐阜工業高校

●植松仁は「うえまつじん」ではなく、「うえまつひとし」と読む

●身長163cm、体重56kg

●元ショートトラックスピードスケート選手、元競輪選手

●阜県立岐阜工業高等学校卒業

●1996年全日本選手権総合優勝

●1996年、1997年世界選手権代表

●1998年長野オリンピックでは500mで銅メダルを獲得

●兄の植松純も元ショートトラック選手で、1992年アルベールビルオリンピック、1994年リレハンメルオリンピックに出場

●長野オリンピック後はスランプ、所属していた会社(ベローチェ)の経営状況が悪化し解雇

●2000年に日本競輪学校に特別枠で入学

●2001年8月11日に松阪競輪場でデビュー

●2006年6月には上位クラスのS級に昇格し、有力選手とも直接対決

●2007年9月以降から長期欠場

●復帰と欠場を繰り返し、2010年引退

植松仁(うえまつひとし)の現在は?

現在はアスリートのセカンドキャリア支援、企業において能力開発支援を行っていたそうです。

アマチュアスポーツ20年、プロスポーツ10年。2度の所属企業の倒産、引退後のセカンドキャリア問題に直面した経験あり。98’長野オリンピック 銅メダル獲得。

一般社団法人先端医科学スポーツアカデミー理事(AMSA)とアメーバブログに記載があるが、現理事は小林弘幸氏

●自身のブログの自己紹介として、下記の記載がある

一般社団法人先端医科学スポーツアカデミー
・セカンドキャリア 担当理事
http://amsa.jp

Katati Brain(カタチブレイン)代表
・アスリートのセカンドキャリア支援
・企業にて、従業員の能力開発支援
http://katati-brain.com

(特非)日本オリンピアンズ協会 会員

植松仁(うえまつひとし)のSNSアカウントは?

★Twitterアカウント⇒https://twitter.com/jin39_

★公式アメーバブログ⇒http://profile.ameba.jp/jin8639/

植松仁(うえまつひとし)の結婚や子供は?

今年43歳の植松仁(うえまつひとし)、2003年に結婚し子供が3人いるようですね。現在、離婚しているかどうかは不明ですが、離婚していた方が家族の為ですね。。。本人も、故意ではなかったが体液を出したことは認めているようですね。

まとめ

事件は4月14日金曜日午前7時50分から約15分の間に発生。そして、事件の現場は、名鉄金山―知立間ということです。乗車中に異変を感じていた21歳の女性が知立駅に停車した際に足元を見るとストッキングの右足部分に体液がついていたそうです。当時、電車内は平日の朝のラッシュ。恐らく、身体が密着する距離であったのでしょうか。

それでもボクはやってない スタンダード・エディション [ 周防正行 ]

痴漢犯罪は証明するのが難しく、冤罪の危険もありますが、これは恐らく弁解の余地も難しいアウトでしょう・・・「かけるつもりはなかった」として容疑は否認していますが、電車内で体液を出したことは認めているとか。記事にある「体液」という表現が人々の創造力を掻き立てているようですね。体液にもいろいろありますからね・・・

DNA鑑定されていると思いますがすでに暴行容疑で逮捕となったということは確定ですね。しかし、発生したのが4月で、この間半年以上のブランクは何なのでしょうか。

●発生場所は愛知県

今後の動向に注視しましょう。

【関連記事】

モンスター ラリーナサールから被害を受けたのはレイチェル・デンホランダーやマッケイラ・マロニー、アレクサンドラ・レイズマンなど100人以上!...
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする