石原さとみが法医解剖医に!TBSドマラ「アンナチュラル」に大注目!2018年1月スタート!

スポンサーリンク




石原さとみ主演TBSドマラ主演!「逃げ恥」脚本家とタッグで期待の新ドラマ「アンナチュラル」とは?

日本に新設された死因究明専門のスペシャリストが集まる「不自然死究明研究所(UDIラボ)」で働く人々の人間ドラマが中心に描かれ、毎回様々な「死」を扱いながら「死」の裏側にある謎や事件を明るくスリリングに解明していく、1話完結型の医療サスペンス作品とのこと。

世界で最も美しい顔常連の石原さとみが、来年1月期のTBS金曜ドラマ「アンナチュラル」で主演が決定しました!2016年大ヒットしたドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」の脚本家の野木亜紀子のオリジナル脚本ということで石原さとみの女医姿とともにかなり期待度大のドラマです!

アンナチュラルのあらすじ

主人公・ミコトの職業は、死因究明のスペシャリストである解剖医。彼女が許せないことは、「不自然な死(アンナチュラル・デス)」を放置すること。不自然な死の裏側には、必ず突き止めるべき真実がある。偽装殺人・医療ミス・未知の症例…。しかし日本においては、不自然死のほとんどは解剖されることなく荼毘に付されている。その現実に、彼女は個性豊かなメンバーと共に立ち向かうことになる――。

アンナチュラル出演者

石原さとみ

日本に170名ほどしか登録がない“法医解剖医”三澄ミコト。医大の法医学教室で准教授として研鑽を積み、4か月前にUDIラボにやってきた

市川実日子

仕事よりプライベート優先な三澄班の臨床検査技師・東海林夕子役

窪田正孝

態度と口が悪く、ミコトとしばしば衝突することも・・。三澄班の記録員で医大生・久部六郎役

井浦新

UDIラボの法医解剖医・中堂系役

松重豊

UDIラボの所長・神倉保夫役

法医解剖医(監察医)はどんな職業?3Kってほんとう?

●不自然な死を、遺体解剖により死因を解明する仕事

●開業医の相場は2000~3000万円という中、手取りは700万円台で医学界の「最下層社会」・・

●危険、臭い、キツイの3Kだと言われている

●遺体解剖に10時間かかることも、つまり長時間労働

ちなみに、名門中学に合格した、才女で女優の芦田茉奈が憧れている職業は病理医でこんな仕事です。

病理医の仕事、病理診断とは、主に顕微鏡を用いることによって、患者から採取した臓器、臓器を構成している組織、そして一個一個の細胞の標本を観察し、病気があるのか、ないのか、あるとしたらどんな病気か、そして、もし可能ならどこまで広がっているのかを調べ、そのことをレポートに書くこと

個人的に、元監察医で2万体以上を検死してきた上野正彦さんの「死体は語る」が好きですね。3Kと言われるきつい仕事ですが存在意義を感じる尊い職業だと感じました。

上野正彦さん

現実は石原さとみとはかけ離れていますが・・・。このドラマを見てきっと法医解剖委に憧れる人も増えるのではないでしょうか。そうなるといいですね!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする