ヒョウモンダコとは?猛毒をもつ蛸の見た目がグロすぎる!殺人タコが長崎県西海市で発見!噛まれたら要注意!



ヒョウモンダコは漢字で豹紋蛸(ひょうもんだこ)!毒はテトロドトキシンで別名、殺人ダコに要注意!

ヒョウモンダコ wiki情報やインスタ画像

ヒョウモンダコ
動物
ヒョウモンダコは、マダコ亜目 マダコ科 ヒョウモンダコ属に属する4種類のタコの総称。日本ではその中の一種Hapalochlaena fasciata を指す場合が多い。小型だが唾液に猛毒のテトロドトキシンを含むことで知られ、危険なタコとされる。 ウィキペディア
学名: Hapalochlaena
目: タコ
分類階級: 属
上位分類: Octopodinae

ヒョウモンダコ 画像

View this post on Instagram

Hapalochlaena 藍環章魚 一隻藍環章魚的毒性能在幾分鐘內殺死26名成年人 #hapalochlaena #octopus #art

宇翔 • 🌊さん(@mushroom__0505)がシェアした投稿 –

ヒョウモンダコ 猛毒

ヒョウモンダコは温暖化が影響してか、日本海を北上していると言われています。

ヒョウモンダコはふぐ毒でお馴染みのテトロドトキシンと同じ、毒を持つと言われています。

身の危険を感じるとこの唾液を吐いたり、噛み付いて毒を注入し、死に至ることもあるので注意が必要です。

ヒョウモンダコ 特徴

ヒョウモンダコの体長は10cmほどで小型です。

体色をすばやく変化させることができ、周囲の岩や海藻に擬態します。泳ぎは不得意で、たいていは海底をゆっくり這っています。

ヒョウモンダコ 名前の由来は?

危険を察知すると、全身は黄色く、輪模様は鮮やかな青に変わるという不気味さをもつヒョウモンダコ。

この模様がヒョウ柄を思わせることから、ヒョウモンダコと名づけられたようです。

ヒョウモンダコ 日本で発見!?

twitter ニュース

ヒョウモンダコ サイズ:17.5cm

ヒョウモンダコ

Amazonで探す>>>Amazon.co.jp

楽天で探す>>>楽天市場

Yahooで探す>>>Yahoo!ショッピング

【関連記事】

猛毒生物カツオノエボシはどんな生物?恐怖!クラゲではなくヒドロ虫が大量集結した群体だった!別名で「電気クラゲ」 2018年7月。暑...



スポンサーリンク

シェアする

フォローする