一本鎗信男(いっぽんやりのぶお)は火縄銃コレクターで平成の信州真田鉄砲隊の隊長?火縄銃とは?種子島銃と呼ばれていた?スゴ~イデスネ!!視察団



火縄銃コレクターの一本鎗信男(いっぽんやりのぶお)は平成の信州真田鉄砲隊!極上!お宝サロン(BSジャパン)にも出演する一般コレクター!ニッポン!スゴ~イデスネ!!視察団

12/16 (土) 18:56 ~ 20:54 ABCテレビ世界が驚いたニッポン!スゴ~イデスネ!!視察団 2時間スペシャルのコーナー企画「妻も知らない博物館」 綾小路きみまろが火縄銃コレクターの亭主宅へ 1丁○○万円!?それを聞いた奥様の反応は?で火縄銃コレクターが紹介されますね。火縄銃コレクターと言えば一本鎗信男(いっぽんやりのぶお)が有名ですね。

一本鎗信男(いっぽんやりのぶお)さんとは?

・コレクター歴22年

・古式銃の鑑定士・澤田平も驚く凄すぎるコレクションを保有

・火縄銃サミット…信州真田鉄砲隊…知られざる火縄銃の世界とは?

・真田幸村が考え出した鉄砲術を受け継いでいる「信州真田鉄砲隊」

・「信州真田鉄砲隊」の隊長が一本鎗信男(いっぽんやりのぶお)で副隊長の内海茂(うつみしげる)さん

・一本鎗さんにとって「真田幸村は自分にとって身近な英雄。六文銭と赤備えは全国区の武将である」

火縄銃とは?

火縄銃(ひなわじゅう、英: Matchlock gun / Arquebus)は、初期の火器(火砲)の形態のひとつで、黒色火薬を使用し、前装式で滑腔銃身のマスケット銃の内で、マッチロック式(火縄式)と分類される点火方式のものをさす。 通常、日本では小型のものを鉄砲、大型のものは大筒と称する。wikiより

一五四三年(天文一二年)に種子島に鉄砲伝来したという火縄銃。種子島に伝来したことから、種子島銃あるいは単に種子島と呼ばれていたそうです。

★松本城鉄砲蔵⇒http://www.teppougura.jp/sikumi/index.html

★Youtube動画あり⇒

信州真田鉄砲隊とは?しんしゅうさなだてっぽうたい

信州長野の真田一族は代々非凡な戦術家で、調略・奇襲・火攻め・水攻めを得意としていた。特に火薬の使用においては、忍者伝説の信憑性を裏付けるような記録が残されているほど。



スポンサーリンク

シェアする

フォローする