ホキ徳田(ほきとくだ)はヘンリーミラーの妻だった!現在は六本木の北回帰線ジャズバー経営?年齢や経歴wikiプロフィールやインスタ写真は?爆報!THE フライデー



ホキ徳田(ほきとくだ)とアメリカの文豪ヘンリー・ミラーの結婚の馴れ初めは?Henry Millerの歴代妻は何人?46歳差結婚と離婚の真相は?

2/9 (金) 19:00 ~ 20:00 MBS毎日放送 爆報!THE フライデー【女優・真屋順子の闘病記SP】▽元祖プレイガールと呼ばれた昭和の美女は、アメリカの文豪ヘンリー ミラーとの結婚で世界中から注目! しかし、あるとんでもない理由で離婚していた!

ホキ徳田 wikiプロフィールやインスタ画像

名前:ホキ徳田 ほきとくだ
本名:徳田浩子 とくだひろこ
生年月日: 1937年11月14日 (84歳)
生まれ: 東京都
書籍: ヘンリー・ミラーの八人目の妻
映画: 怪談昇り竜
職業:歌手

ホキ徳田は、3歳からピアノを始め絶対音感を習得したジャズ歌手です。ヘンリー・ミラーの8人目の妻としても知られています。本名は徳田浩子で父親は国際連盟の元職員の徳田六郎と母親は名家・平家物語の那須与一の子孫の長女として東京上野に生まれました。

桜美林高等学校卒業後は10代でカナダの音楽学校であるカナダ・オンタリオ州アルマ・カレッジ芸術科に留学する生粋のお嬢様で、帰国後、テレビを中心にマルチタレントとして活動していました。

しかし、人気絶頂の32歳の時、ジャズに魅力を感じはホキ徳田はどうしてもアメリカに行きたいとアメリカへ渡米。

1965年に米ハリウッドのエージェンシーと契約し渡米し、1967年にアメリカの文豪ヘンリー・ミラーと結婚し、その後、離婚しました。

ヘンリー・ミラー wikiプロフィールやインスタ画像

名前:ヘンリー・ミラー Henry Miller
誕生 :ヘンリー・ヴァレンタイン・ミラー Henry Valentine Miller
生年月日:1891年12月26日
死没 :1980年6月7日(88歳没)
国籍:アメリカ合衆国
出身:アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス
職業 :作家
最終学歴 :ニューヨーク市立大学シティカレッジ中退
活動期間 :1934年 -1980年
代表作 :『北回帰線』(1934年)、『南回帰線』(1939年)

ヘンリー・ミラーの八人目の妻 [ ホキ・徳田 ]

ヘンリー・ミラー 歴代妻たち

1番目の妻. Beatrice Sylvas Wickens 1917-1924

2番目の妻. ジューン・ミラー 1924-1934

3番目の妻. Janina Martha Lepska 1944-1952

4番目の妻. Eve McClure 1953-1960

5番目の妻. ???

6番目の妻. ???

7番目の妻. ??? 離婚し忘れ

8番目の妻. ホキ徳田 1967⁻1978



ホキ徳田とヘンリー・ミラー 馴れ初め

ホキ徳田は高齢、当時75歳の有名な文豪との結婚ということで、当初は遺産目当てだというバッシングを受けました。しかし、猛烈なアプローチをかけてきたのはミラーの方でした。文豪ミラーとの最初の出会いは卓球の相手としてだったそうです。

あるハリウッドのプロデューサーが負かしてほしいおじいさんがいると頼まれ相手になったのがヘンリーミラーだったとか。そして、あるパーティーでホキ徳田を日本からくる妻だと紹介して回ったそうです。

ミラーは膨大な数の熱烈なラブレターを送り、当時、ロスの日本料理店でピアノを弾いていた徳田のところに通いつめたそうです。最初の1年半はミラーを完全無視だったそうです。

ホキ徳田とヘンリー・ミラー 結婚

ホキ徳田が結婚を決意したのは、滞在ビザが切れそうだったから・・・渡米して2年目でH1ビザを更新しなければならなかったそうです。ビザ目的の結婚は今なら完全にアウトですね。寝室は別にすることと友人の同居を条件に、徳田が結婚を承諾したそうです。明らかに愛し合っている結婚ではないですよね・・・だんだんミラーのことを好きになってはいたそうです。

ホキ徳田は当初、ヘンリーミラーから「君は8番目の妻だ」と言われていたそうです。しかし、いざ結婚手続きをすると、まだ離婚が成立していない結婚があり手続きが大変だったそう。

一方、ミラーは恋多き作家として有名でした。実際に何度も結婚と離婚を繰り返しており、後にホキ徳田は、ミラーにとって自分の結婚したのは、日本人女性との結婚をコレクションに入れたかっただけだと答えています。

ホキ徳田とヘンリー・ミラー 結婚生活

ホキ徳田は、即日、ラスベガスに飛び結婚。11年間の結婚は、毎日優雅に遊んでいるだけの生活だったそうです。既に隠居生活をしていたミラーは、朝からウォッカトニックは日常。旅行、パーティー、趣味の絵を楽しむ生活だったそうです。

ホキ徳田は、ミラーの絵と、その絵を描いてる姿が好きだったと語っています。

ホキ徳田とヘンリー・ミラー 離婚

ホキ徳田とミラーはわずか3年で別居しました。しかし、離婚が成立したのは1978年でした。のちに、ホキ徳田は過去に文豪ミラーから貰った300通にのぼるラブレターを生活費のために売ったそうです。開封すらしていないラブレターもあったとか・・・

離婚の理由は86歳のミラーに好きな人ができたからだそうで。その彼女はホキより25歳も年下の元ミスユニバースアメリカ代表でした。離婚してあげたら、最後の何年か幸せに過ごせるのではないかと、ホキ徳田は慰謝料は一切貰わず、彼の幸せのために別れを決意したそうです。

そして、2年後、ミラーは逝去しました。

ホキ徳田 現在

2012年のある記事のインタビューで日本最高齢のジャズシンガーとあります。つい最近まで現役で歌手生活を送っていたのでしょう。73歳の時点では現役で、六本木でピアノバー『北回帰線』を経営していました。現在は、84歳というご高齢ですが現役で活動されているようですね!

ホキさんは毎日、深夜に行きつけの居酒屋へ通い日本酒をたしなめ、チキンステーキやチヂミなどとにかく良く食べるそうです。港区の2LDKマンションで一人暮らしをしています。

六本木ピアノバー『北回帰線』

北回帰線 きたかいきせん
所在地: 〒106-0032 東京都港区六本木5丁目9”22
電話: 03-5474-3900



【新品】【本】ヘンリー・ミラー・コレクション 1 北回帰線 ヘンリー・ミラー/著

『北回帰線』物語 パリのヘンリー・ミラーとその仲間たち/本田康典【1000円以上送料無料】

★北回帰線公式ホームページ⇒https://kitakaikisen.jimdo.com/

★北回帰線Facebook⇒https://www.facebook.com/hokitokuda.miller

★Hoki 徳田Facebook⇒



スポンサーリンク

シェアする

フォローする