石丸幹二(いしまるかんじ)は東京藝術大学出身の超エリートで半沢直樹出演俳優!年齢や経歴wikiプロフィールやインスタ写真は?あいつ今何してる?



石丸幹二は半沢直樹の西大阪支店の支店長・浅野匡役!東京音大にも合格した超エリートだった!

石丸幹二さんといえば社会的ブームになった「やられたらやり返す倍返しだ!」が名台詞の2013年TBSで放送されたテレビドラマ「半沢直樹」で西大阪支店の支店長・浅野匡役を演じた俳優さんです。

半沢直樹に対して高圧的な態度をとっていたあの上司です。皆さん覚えているでしょうか。ドラマを見た人なら石丸さんが嫌な上司の印象が強いかと思いますが実はイケメンダンディな俳優さんなのです。

2月28日よる7時のあいつ今何してるに出演していた石丸幹二さんについて詳しく調べていきたいと思います。

石丸幹二 wikiプロフィールやインスタ画像

名前: 石丸幹二(いしまる かんじ)

生年月日: 1965年8月15日

出身地: 愛媛県新居浜市

職業: 歌手・俳優

所属: ザ・ライブラリー

身長: 175㎝

血液型: A型

趣味: 旅行

最終学歴: 東京藝術大学音楽学部声楽科卒業

石丸幹二 経歴

幼少期

石丸さんは愛媛県新居浜市で誕生し4歳からは千葉県で育ちます。幼少期から音楽に強く関心を持ち色々な楽器に触れてきたそうです。

石丸さんは幼い時からピアノを習っていたのですが、小学校の鼓笛隊の小太鼓を担当したことで更に音楽に惹かれていきました。

市原市立姉崎中学校では吹奏楽部に入りサックスとオーボエを担当としクラシック音楽を学びました。吹奏楽部では部長もやられていたそうです。

高校時代

高校は音楽に力を入れていた千葉県立幕張西高等学校普通科音楽コースへ進学しチェロを学んでいたそうです。この頃はチェリストになりたいと思っていたそうですが音楽大学に入れるほどの腕前ではないと思った石丸さんはサックスで音大を目指し見事合格されます。

大学時代 東京音楽大学

東京音楽大学音楽学部楽科に進学し、ここではサックスを専攻されていましたが20歳の時に転機が訪れます。偶然テレビでアメリカのソプラノ歌手であるジェシー・ノーマンさんの歌声を聞きその表現力に衝撃を受けます。

大学時代 東京藝術大学

そのことがキッカケで猛勉強し東京藝術大学に入学します。この東京藝術大学の音楽科に合格は超難関なことでも有名です。3~4歳の頃から音楽を英才教育されてきた人が当たり前にいる世界ですが、その中でも才能ある人間しか受からないと言われています。

石丸さんはそこに合格してしまうのですからと才能がもの凄い人ってことになりますね。

しかし石丸さんはここでも自分の才能に落胆してしまいます。身近で世界3大テノールの1人であるプラシド・ドミンゴさんの声を聴き自分にはオペラ歌手になれる才能はないと悟ります。

それでも音楽で感動を伝えたい。音楽で何かを表現する道を開きたい。と考えていていた石丸さんに劇団四季への道を教えてくれた先輩がいました。

劇団四季時代

これまで芝居を学んでこなかった石丸さんは人前で踊るということも苦手だったそうですが猛特訓をして大学3年生の時にオーディションを受けます。

劇団四季も入団するだけでも大変なところであり、ましてや舞台に立てないまま夢を諦めてしまう人もいるというところ石丸さんは一発合格し大学4年生の時には「オペラ座の怪人」ラウル役で舞台デビューを果たします。

その後17年間劇団四季の看板俳優として活躍されました。そのルックスから王子様キャラとされてきた石丸さんはファンの間では「マル様」と呼ばれていたそうです。

劇団四季は入団するのも、入団してからも地獄のように大変だと言われていますが年間300本もの舞台を17年間トップとして活動されてきた石丸さんは名古屋劇場に行く途中に交通事故に遭ってしまいます。

それをキッカケに舞台を続けていく体力がなくなり最終的には外出ができないほど鬱状態にまでなってしまい退団の決意をされたそうです。

石丸幹二 家族や兄弟

石丸さんはひとりっ子でした。

幼少期から音楽に触れ英才教育されてきたように見えますがご両親は音楽をやってきた人ではないそうです。

石丸幹二 結婚や恋人

そして、気になるのが結婚しているかですね。

石丸さんは独りでいることに幸せを感じる方のようで現在も独身でいらっしゃいました。そして17年間ほぼ毎日舞台をこなしてきた方ですから本当にお忙しいのでしょうね。

石丸幹二 SNSアカウントやブログは?

★公式ホームページ⇒http://ishimaru-kanji.com/

★Instagram⇒https://www.instagram.com/team_kanji/

★Twitterアカウント⇒

石丸幹二 まとめ

劇団四季引退後はドラマや映画でも活躍されている石丸さん。数々の難関と言われてきた狭き門をくぐり抜けて来た方ですからその表現力は今でも何一つ劣ることなく輝いていらっしゃいます。

これからまたテレビでお見掛けできる機会が増えてきそうですね。これからの演技にも期待し注目していきたいと思います。

【関連記事】

宍戸開(ししどかい)参戦!ゲイやオネェ疑惑がある湯江タケユキと大鶴義丹(おおつるぎたん)が三角関係に!結婚や子供は?大親友に絶交ドッキリ!有...



スポンサーリンク

シェアする

フォローする