勝間和代(かつまかずよ)がLGBT増原裕子(ますばらゆうこ)と同棲を告白!結婚や子供は?年齢や経歴wikiプロフィールやインスタ写真は?エルジービーティー



勝間和代(かつまかずよ)の結婚歴や離婚歴は?ブログで交際を告白し反響!LBGTとはどういう意味?

経済評論家やコメンテーターなどで活躍している勝間和代さんをご存知でしょうか。

勝間和代さんは2018年5月28日に、勝間さん自身のブログにより、増原裕子(ますばらゆうこ)さんと交際し、同居していることを公表しました。

勝間和代さんと、LBGTについてなど今回はご紹介します。

勝間和代 年齢や経歴wikiプロフィールやインスタ写真

名前:勝間 和代(かつま かずよ)
出身地:東京都葛飾区
生年月日:1968年12月14日
年齢:49歳
出身校:慶応義塾大学商学部卒業、早稲田大学大学院ファイナンス研究科修了
職業:著述家、評論家、プロ雀士

勝間和代さんの経歴

勝間和代さんは、東京都葛飾区で誕生し葛飾区立住吉小学校を経て、慶應義塾中等部に入学します。

その後、慶應義塾女子高等学校、慶應義塾大学商学部を経て、早稲田大学大学院ファイナンス研究科専門職学位課程を修了し、ファイナンス修士の学位を取得します。

中学から慶應義塾に入学されるということは、余程勉強ができるのではないでしょうか。

それを証拠に、勝間さんは中学時代からパンチカードで付属の大学のコンピュータでプログラムを作っていたこともあり、また、高校時代から公認会計士試験の勉強を始めて、2次試験には当時の最年少記録とする19歳で二次試験に合格をしています。

大学在学中から監査法人に勤務され、アーサー・アンダーセン、マッキンゼー、JPモルガンを経て独立され、現在は株式会社監査と分析取締役や国土交通省社会資本整備審議会法人、中央大学ビジネススクール客員教授として活躍されています。

また、プロ雀士の顔も持つ勝間さんは、2015年1月に麻雀のプロ団体である、最高位戦日本プロ麻雀協会のプロ試験に合格され、D1リーグに所属されています。

LGBTとは

さて、LBGTについてですが勝間さんの話題から「LBGT」という言葉を初めて聞いた人も多くいらっしゃることでしょう。

LBGTとは

LBGTとは、「GLBT」とも呼ばれており、女性同性愛者、男性同性愛者、両性愛者、トランジェスターの各単語の頭文字を組み合わせた文字で出来ています。

・Lesbian 女性同性愛者(レズビアン)

・Gay 男性同性愛者(ゲイ)

・Bisexual 両性愛者(バイセクシュアル)

・Transgender (トランスジェンダー)の各単語の頭文字を組み合わせた表現

勝間さんのご実家はテープレコーダーのヘッドケースをプレス加工する町工場で4人兄弟の末子として生まれました。11歳と10歳も年が上である姉と、8歳上の兄がいました。

これだけ年齢が離れているとシスコンのように、お姉さまに憧れを抱き、現在のように女性と同居するように自然となっていったのかと思いきや、2回男性とご結婚されており、大学在学中の21歳の時には最初の出産をされており、3女の母としての顔を持っています。

高校の時や、大学の時も女の子を好きになる感覚はあったようですが、ダメなことをしている気持ちに蓋をされていたそうです。

しかし、高校の後輩にあたる現在パートナーとして同居されている増原裕子さんに出会い、彼女が「レズビアン」であることを公表し堂々と生きている姿に惹かれ、結婚を解消し、2018年1月に気持ちを公表し、増原さんと同居生活をスタートさせたそうです。

これまで苦しんできた勝間さんは、LGBTでも「仲間はたくさんいる」というメッセージを贈るためにもカミングアウトしたとブログで語っておりました。

勝間和代 SNSアカウントやブログは?

★Twitterアカウント⇒https://twitter.com/kazuyo_k?lang=ja

★公式ブログ⇒http://kazuyomugi.cocolog-nifty.com/private/

★公式ホームページ⇒http://www.katsumaweb.com/

【関連記事】

増原裕子(ますばらゆうこ)の出身大学や著書は?元カノは東小雪(ひがしこゆき)!トロワ・クルールの代表取締役 増原裕子 wikiプロフィール...
ガス・ケンワージーがフリースタイルスキー男子スロープスタイルで生中継キス!アダム・リッポンとの関係は?LGBTQへ希望!年齢や経歴、元彼は?...



スポンサーリンク

シェアする

フォローする