Jujuこと野田樹潤(のだじゅじゅ)は天才少女レーサーF3!野田英樹の娘が可愛すぎてネクストブレイク!年齢や経歴wikiプロフィールやインスタ写真は?



じゅじゅがかわいい!野田樹潤(Juju)は元F1ドライバー野田英樹(のだひでき)は父親!女の子レーサー!ジャンクSPORTS

11歳の天才レーサーと聞いて「どうせカートだろ」と思いきや、フォーミュラマシンを時速240キロで走り抜けるという、とんでもない少女がいます。しかも、めちゃくちゃ可愛い!!

彼女の名前は、野田樹潤(Juju)。野田ときいてピンとくる人もいるのではないでしょうか。そう、あの野田英樹さんが父親なのです。(注:脚本家の野田秀樹ではなく、元F1レーサーの野田英樹さんです。)

偉大な父親の影響を大いに受けて、夢はF1レーサーというから驚きです。

既に後援会も存在する逸材天才レーサー、Jujuについて調べてみました。



野田樹潤(Juju)のwikiプロフィールや写真

名前:野田樹潤(のだじゅじゅ)
生年月日:2006年2月2日
出身地:東京都
在住:岡山県美作市
趣味:料理

3歳の頃から子供用のレーシングカートのハンドルを握り、5歳でプロを決意。

そして、なんと世界初10歳で国際クラスのフォーミュラカーをサーキットで走り、2016年には小学生で世界で初めてF4マシンを操り、岡山国際サーキットにおけるFIAF4マシンのコースレコードに0.7秒差だったということですから、今後の活躍が非常に期待されています。

まだ10代そこそこの年齢ながら、既に240kmの勝負の世界で着々と実力をつけています。

後援会の発足は今年2017年6月より、ミキハウスなどがスポンサーとなっているようですね。

野田英樹のプロフィール

名前:野田英樹
生年月日:1969年3月7日
出身地:大阪府
現在の職業:NODAレーシングアカデミー
高等学院校長、NPO法人青少年少女モータースポーツ振興会代表理事

親子そっくりですね!

1990年と1991年にはアラン・ドッキング・レーシングよりイギリスF3選手権に参戦し、日本人2番目のイギリスF3勝者となるという素晴らしい成績をのこしています。

2010年のル・マン24時間レースを最後に現役を引退し、以降はレーサーの育成に力を注いでいらっしゃいます。



まとめ

日本のF4レースはJAFが主催していて、年齢は18歳からです。限定ライセンスを受けたとしても16歳からしか出場出来ないようなので、今11歳のJujuちゃんが出場するのが待ち遠しいですね!

ちなみに、フォーミュラU17はアンダー17歳のことで、3台しかエントリーできません。このレースはエキシビションマッチになり、樹潤が乗っているのはF4マシンで他の2人はF4マシンより格下の車になるそうです。

樹潤がF4マシンに乗って走っていいのは、特別な許可を与えているホームの岡山国際サーキットのみらしいですね。フィギアの浅田真央選手のオリンピック出場も、年齢の壁がありましたが、今回も・・・F1レースの場合、安全面で年齢の壁を外すかどうかというのは、微妙ですが年齢で可能性が縮まってしまうのはやはり残念ですね。

今後、必ず話題になる天才少女!これからの活躍に期待しましょう!

【関連記事】

父・本田竜一は子育て本を出版していた!本田5兄弟の写真や年齢は?本田太一、真凜(まりん)、望結(みゆ)、紗来(さら)、真帆(まほ)の華麗なる...



スポンサーリンク

シェアする

フォローする