日本の温泉旅館「お茶菓子」が部屋で出される意味とは何?温泉旅館のお茶と菓子の由来は安全の為だった!?【知っ得豆知識】



日本の温泉旅館で当たり前の様に出される茶菓子にはちゃんと意味があった!湯あたりや水分補給・貧血予防に効く?

お菓子の意味

温泉に空腹状態で入浴すると、貧血に陥りやすいと言われています。お風呂に入ることはかなりのエネルギーを消費します。

空腹の低血糖状態で入浴すると、貧血になりやすいのです。このため、旅館では、入浴前にお菓子をいただいてもらい、糖分を取って貰えるように部屋にお菓子を置いているのです。

お茶の意味


温泉が付いている旅館は、必然的に温泉を楽しむお客さんが増えますね。お茶が出される理由は、水分補給です。

温泉に入ると「湯あたり」という症状に見舞われる場合があります。これは、頭痛やだるさなどの体調不良です。

「硫黄泉」「酸性泉」「放射能泉」と言う線質は比較的湯あたりなりやすいと言われていますが、この湯あたり予防にお茶、特に緑茶に含まれるビタミンCが効くといわれています。

なお、糖分補給や水分補給は入浴前の水分補給は「入浴前 15分から30分前」に行うのが望ましいとされています。

この様な細やかな気遣いは日本ならではのおもてなしですね!



スポンサーリンク

シェアする

フォローする