渡辺良治 階段垂直マラソン選手の年齢や経歴wikiプロフィールやインスタ画像



日本人初階段王を目指し挑戦している渡辺良治氏とは?バーチカルランニングはどんな競技?

1/18 (Sat) テレビ朝日 22:10 ~ 23:10 激レアさんを連れてきた。で紹介される世界中の高層ビルを駆け上がる『階段垂直マラソン』で優勝しまくってる人とは一体、どんなレアな人物なのでしょうか。

そして、『階段垂直マラソン』とは?気になるので早速、調べてみました!まずは、『階段垂直マラソン』についてご紹介します。

階段垂直マラソンとは

階段垂直マラソンとは英語でVertical Running(バーチカル・ランニング)とも呼ばれ、スカイランニング競技の中の都市型種目です。

階段を垂直に上るマラソン・・・!?とは一体・・、いまいちピンときませんが、具体的には超高層ビル、塔などの非常階段をコースに利用しこれを駆け上がるマラソンレースで、世界中で賞金付きの大会が行われ、知る人ぞ知るレアな競技のようです。

日本は2014年に大幸工業株式会社スペシャルチャレンジ(THE RISE 256)が開催され、日本発の世界大会が2016年、大阪の超高層ビル あべのハルカスで開催され、階段垂直マラソンが少しずつ認知されつつあります。

実際のレースの様子はこちら

あべのハルカス Youtube動画

そんなマイナーな競技に果敢に挑戦するのは、渡辺良治(わたなべりょうじ)さんという選手です。2018年のめざましテレビ内の「キラビト」というコーナーでも階段上り世界3位の名手として紹介された階段垂直マラソン界の期待の新星です。

渡辺良治さんの基本プロフィールはこちら。

渡辺良治 wikiプロフィールやインスタ画像

名前:渡辺良治

名前の読み方:わたなべりょうじ

生年月日:1984年2月8日

現在の年齢:36歳

出身:東京都青梅市育ち

身長・体重:172㎝ 57㎏

渡辺良治さんは、福祉のお仕事をする普通のサラリーマンです。ご結婚もされていて、妻である愛子さんとの間には陽希(はるき)君という息子さんもいらっしゃいます。

そんな渡辺さんが果敢に挑戦している競技が階段垂直マラソン。世界チャンピオン「階段王」になるべく日々、鍛錬されています。

渡辺さんが階段垂直マラソンを始めたのは2017年、33歳頃からだそうです。

もともと大学卒業後にプロボクサーを目指していたこともあり基礎体力は十分、ボクサーになる夢を断念した後も体力作りのためにスカイランニングトレイルランニング富士登山競走に挑戦し、平地よりも上りや階段を早く上る才能がずば抜けている事に気づいたそうです。

競技を初めてすぐに、第5回東京タワー階段競走を大会新記録の2分6秒98で優勝を果たし、日本人初としてVertical World Circuit(VWC)に本格参戦。成績上位5大会の総合で決める年間ランキングでは2017年、2018年、3位となるなど華々しい記録を残しています。

渡辺良治 主な戦績

2017年

・第1回サナダバーティカル100(スカイスピード日本選手権) 優勝
・第5回東京タワー階段競走 優勝(2分6秒で大会新記録)
・日本人として初めて階段垂直マラソンのワールドシリーズに本格参戦
・マニラ、北京、上海、大阪、香港の5大会に参加し、年間ランキング3位

2018年

・VWC 第1戦 ソウル・・・3位
・VWC 第4戦 マニラ・・・2位
・VWC 第5戦 北京・・・2位
・VWC 第6戦 上海・・・3位
・VWC 第7戦 大阪・・・3位
・VWC 最終戦 香港・・・3位
・年間ランキング:3位(471ポイント)
・Towerrunning World Association(TWA)参戦
・世界選手権(Taipei 101 Run Up)で4位入賞 年間総合ランキング6位

階段王への道のりは決して平たんではありません。レースは世界各国で行われるので、費用もかかります。

渡辺さんはFAAVOというクラウドファンディングで資金を調達したり、スポンサーを探したり地道な活動をされているようです。

日本人初、階段王を目指して頑張っている渡辺良治さんを応援したいですね!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする



スポンサーリンク