シャホリー・アイヤーズ(Shaholly Ayers)が先天性右手欠損を乗り越えモデルに!プロフィールやインスタ写真あり



シャホリー・アイヤーズ(Shaholly Ayers)は障害を乗り越え夢を叶えた強い女性!

シャホリー・アイヤーズのプロフィールやインスタ画像は?

名前:シャホリー・アイヤーズ Shaholly Ayers
誕生日:1985年9月9日
出身:米オレゴン州出身

シャホリー・アイヤーズのSNSアカウントは?

★Instagram⇒

Getting my fitness on for summer Photographer: @fotografannelinygards

Shaholly Ayersさん(@shahol1)がシェアした投稿 –

Shooting with my new arm!!! Pics coming soon. @makeupbyremy @limbitless3d @katie.manero #3dprinting #bionic #model #prettydifferent

Shaholly Ayersさん(@shahol1)がシェアした投稿 –

★Facebook⇒https://www.facebook.com/shahollydawn

★Twitterアカウント⇒

シャホリー・アイヤーズのサクセスストーリー

シャホリー・アイヤーズさんは生まれつき右手がありません。そのことによって、幼少期は「片腕の変人」というあだ名をつけられたり、いじめられたり辛い思いをしてきました。

しかし、彼女には学生時代から夢がありました。それは、ファッションモデルになること。美しい体と容姿を求められる職業にシャホリー・アイヤーズさんは憧れ、実際にモデルになる為に努力を重ねました。しかし、待ち受けていたのは、やはり残酷な言葉。

「あなたみたいな人にモデルが務まるわけがないじゃないの。」
「両腕の揃ってない人にはモデルは無理ね。」
「あなたの写真を撮ってくれるフォトグラファーなんていないわ。」

門前払いは当たり前。彼女の人生にはいつも拒絶と否定がつきまとっていました。しかし、シャホリー・アイヤーズさんは諦めなかったのです。

「“ノー”と言われ続けた人生を変えてみせる」、そう誓い別の切り口からモデルになる夢を実現させます。シャホリーさんはフォトグラファーやヘア&メイクアップアーティストを探し、自身のポートフォリオを作成。地元のブティックに飛び込み、自らを売り込んだのです。そして、目の前にある小さな仕事をひとつずつこなしていきました。

そしてシャホリーさんは前に断わられたエージェントの門を再び叩いたのです。シャホリーさんはポートフォリオを見せ、エージェントは感激し契約にいたったそうです。

「人と違うことは強みでもあるの。私のこの右腕は名誉の勲章よ。」

それを見事証明してみせたシャホリーさんは本当に強い人ですね。さらに障害者の雇用確保や社会的地位の向上を目指すコンサルティング会社「Global Disability Inclusion (グローバル・ディサビリティ・インクルージョン)」の親善大使も務めているそうです。

「世間の偏見を取り除き、障害に関係なく子供達が夢を追い求められる社会作りに貢献していきたい」

彼女の次なる夢は、女優。それも全て、障害をもつ人々への偏見を取り除く社会を築きたいという思いから。彼女の今後の動向に期待しましょう!



スポンサーリンク

シェアする

フォローする