田中刑事(たなかけいじ)が凄い!愛称は「デカ」でイケメンフィギュアスケート選手!wikiプロフィールやインスタ写真は?



田中刑事ことデカが2位で平昌オリンピックの五輪切符を手に入れた!年齢や出身情報や彼女は?

日本のフィギュアスケート選手である田中刑事選手。愛称は「デカ」。イケメンフィギュアスケート選手として有名な田中選手についてほりさげていきましょう。

田中刑事(たなかけいじ)のwikiプロフィールやインスタ画像

名前:田中刑事(たなかけいじ)

愛称:デカ

生年月日:1994年11月22日

出生地:岡山県倉敷市

身長:173㎝

体重:60㎏

・コーチは林祐輔、長光歌子、淀粧也香

・振付師はマッシモ・スカリ

・元振付師は宮本賢二、阿部奈々美

・所属クラブは倉敷芸術科大学

1994年、岡山県倉敷市に産まれ、正義感の強い子に育ってほしいとの思いから「刑事」と名付けられる。倉敷市立連島中学校・岡山理科大学付属高等学校(健康・スポーツコース)卒業。倉敷芸術科学大学生命科学部健康科を卒業し、現在は同大学大学院在学中です。

尊敬するフィギュアスケート選手は、同じ倉敷市出身の高橋大輔選手や、幼い頃から同じ試合に出ていた町田樹です。同学年の羽生結弦選手、日野龍樹選手に対してはライバル意識を持っていると述べています。

田中刑事の経歴や略歴は?

・2001年、7歳の時に母親に自宅近くにあるウェルサンピア倉敷(現在ペルスピア倉敷)のスケートリンクに連れて行ってもらったことがきっかけでフィギュアスケートをはじめます。小学3年生の頃から林祐輔コーチの指導を受けていて、現在も週末は大阪に通っているそうです。

・2004年から2007年までは全日本フィギュアスケートノービス選手権に出場したが、ライバルの羽生結弦選手と日野龍樹選手がそれぞれ2度優勝しているのに対し、田中選手は2位止まりであり2007-2008シーズンにはエイゴンチャレンジ杯のノービスクラスで優勝しています

・2008-2009シーズンからはジュニアクラスに参戦しています。

・2009-2010シーズン、全日本選手権に初出場し、8位という成績をおさめます。第65回国民体育大会では、中学3年生にして少年男子の部で優勝しており、中学生での優勝は、2001年(第56回大会)の高橋大輔以来の快挙だとされています。

・2010-2011シーズンの世界ジュニア選手権では初出場ながら銀メダルを獲得されています。

・2014-2015シーズンからはシニアに完全に移行をして、ニース杯で銅メダルを獲得し、グランプリシリーズの中国杯では8位となります。

・2015-2016シーズンではNHK杯で自己ベストを更新して5位に入賞しました。

愛称「デカ」はお気に入り?

「正義感の強い子に育ってほしい」という思いを込められて名付けられた「刑事」という名前から愛称は「デカ」と呼ばれていますが、田中選手のサインを見ると「DEKA」という文字が入っているそうで、本人もこの名前はお気に入りのようです。

田中選手は実はハーフだった!

倉敷出身とプロフィールでは公開されていますが、田中さんの母親は台湾の方なんだそうです。父親は日本人なので、田中選手は実はハーフだったのですね。
「刑事」という名前をつけるくらいなので、きっと両親の職業が警察関係ではないのか?と、インターネットでは田中選手の親の職業が検索ワードでよくでてきていますが、残念ながらご両親のご職業は公表されていません。

彼女はいるの?

熱愛情報は、現在のところ出ていません。やはりフィギュアスケートの練習が忙しく恋愛などしている暇はないように思えます。

田中刑事のSNSアカウントは?

★Twitterアカウント⇒https://twitter.com/deka_1122

【関連記事】

宇野樹(うのいつき)はフィギュアスケート宇野昌磨の弟でモデル!平昌オリンピックの銀メダルを陰で支えたサッカーが上手いイケメンモデル! 11...



スポンサーリンク

シェアする

フォローする