尿膜管遺残症とは?羽生選手やガッチキール穴井も苦しんだ腹部に激痛&おへそが臭くなる病とは?症状や原因などまとめ!世界仰天



尿膜管遺残症(にょうまくかんいざんしょう)の症状や治療方法は?金メダリスト羽生結弦選手がかかった謎の病とは?

2/5 (火) よみうりテレビ 21:00 ~ 21:54  ザ!世界仰天ニュース 芸能人の密かな苦しみSP

番組概要
▽超人気アイドルグループのメンバーを襲った「パニック症(パニック障害)」。突然心臓がバクバク動き、息ができない!地獄のような日々から救ったある出来事とは?▽自分の体から“生ゴミのにおい”が…。腹部に激痛&アレが臭くなる症状に襲われた芸人!あの金メダリストも闘った謎の病とは▽約4万人に1人…インフルエンザやノロウイルスにしょっちゅうかかる芸人。内臓の位置が左右反転している超稀な病の謎に迫ります!

2019年2月5日に放送される世界仰天ニュースでは、あの羽生結弦選手や芸人のガッチキールの穴井雄大も苦しんだと言われている「尿膜管遺残症」について紹介されます。

それぞれの症状と状況を見て行きましょう。

まずは、ガッチキールという芸人コンビの穴井雄大(あないたけひろ)さんのケースから。

ガッチキールとは?

GATCH KEEL(がっちきーる)

ガッチキールとは2012年に穴井雄大と中村一馬によって結成したお笑いコンビです。それぞれのプロフィールはこちら。

中村一馬 wikiプロフィールやインスタ画像

名前:中村一馬
生年月日:1993年12月14日
出身地:北海道札幌市
血液型:AB型
趣味:なぞなぞ
資格免許:珠算3級
サイズ:
身長178cm 体重58kg B80 W73 H80 靴26cm

今回、あそこが臭くなる病に苦しんだのは穴井雄大さんの方です。

穴井雄大 wikiプロフィールやインスタ画像

名前:穴井雄大
生年月日:1990年3月19日
出身地:大分県
血液型:B型
趣味:株、資産運用、寝技、料理
特技:英語発音・串焼
資格免許:普通自動車免許・自動二輪免許・英語教諭第一種免許
サイズ:身長175cm 体重73kg B90 W83 H93 靴27cm
備考:関西外国語大学外国語学部英米語学科卒(2012)

発症は2018年6月ころ

穴井さんは2018年6月30日に体調不良で仕事を休まれています。

症状はアソコが臭くなる?

2018年6月、穴井さんは居酒屋でバイトをしながら芸人として活動をされていたそうです。

ある日、どこからか生ゴミのようなニオイを感じ、どこから臭いがするのか探していると何と出所は自分!

どうやらお腹の周辺、おへそあたりから発生しているようです。

穴井さんは忙しさもあり、そのまま放置してしまったそうですが、段々と腹部が痛みはじめました。

しばらくすると、腹部に筋肉痛の様な痛みを感じるようになりました。笑うと腹筋を使うのか痛みを感じ、オナラをしても痛くなるまでにひどくなっていきました。

すると、おへその周辺から染みが出ていました。それは膿でした。

次第に事態は深刻になり、お笑いLIVEを欠席しないといけないレベルです。我慢できないほどの激痛でついに病院に行くと、応急処置として器具でおへその膿を抜き、抗生物質を処方されました。

そして、医者の勧めで後日、精密検査を受けると「尿膜管遺残症」と診断されました。

穴井さんは入院し、2018年8月6日に手術を受け回復に向かいました。

この残ってしまっている尿膜管を取り除く手術をするとおへそが無くなるそうですが、形だけは残せるという事で、穴井さんはお笑い芸人なのでおへそが無くなった方がネタになるため、「のっぺらにしてもらえませんか?」とお願いしたところ、遊びじゃないんでとお医者さんには怒られたそうです。

穴井さんは手術後、特に症状もなくおへそもちゃんとありました。

そして、この病は、なんと、あの金メダリスト羽生結弦選手も苦しんだ病だと言われています。

羽生結弦 wikiプロフィールやインスタ画像

名前:羽生結弦
はにゅう ゆづる
フィギュア スケート選手
説明羽生 結弦は、宮城県仙台市泉区出身のフィギュアスケート選手。 全日本空輸 所属。早稲田大学人間科学部在学中。 主要な戦績として、2014年ソチオリンピック・2018年平昌オリンピック2大会連続優勝。2014年世界選手権・2017年世界選手権2回優勝。グランプリファイナル4連覇、全日本選手権4連覇。 ウィキペディア
生年月日: 1994年12月7日 (年齢 24歳)
生まれ: 日本 宮城県 仙台市
身長:172㎝
学歴: 早稲田大学
映画: 殿、利息でござる!

羽生結弦選手の場合

羽生選手がこの病を患ったのは、2014年の年末頃です。

2018年12月30日、羽生結弦選手が緊急入院、手術という衝撃ニュースが流れたのを記憶している方も多いのではないでしょうか。

病気の他にも、同じころ2014年グランプリシリーズ中国杯の6分間練習でハン・ヤン選手と衝突し、顎を7針、頭もホチキスで3針縫い試合に出たというのも衝撃ですが、2週間後の全日本選手権では、「尿膜管遺残症」を発症しており、膿が破裂し出血しながらの試合だったそうです。

この時、羽生結弦選手の身に起こっていたことは想像を絶します。

☆過酷な状況を乗り越えた時の様子が記されている本がこちら

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

蒼い炎/羽生結弦【1000円以上送料無料】

Amazonで探す>>>Amazon.co.jp

楽天で探す>>>楽天市場

Yahooで探す>>>Yahoo!ショッピング

では、尿膜管遺残症とは具体的にどんな病気なのでしょうか。

尿膜管遺残症とは?

胎児のときに栄養をもらったり尿や老廃物を母体に流すための通り道として一時的に膀胱と体表(へそ)が尿膜管(にょうまくかん)と呼ばれる管でつながっている時期があります。この状態は「尿膜管遺残症」と呼ばれており、出生とともに尿膜管は閉鎖しますが何らかの理由で生後も閉じずに残っている状態を「尿膜管遺残症」と言います。

尿膜管遺残症 症状は?

残ってしまった管は垢や老廃物がたまりやすくなり、細菌に感染すると炎症を起こし痛みがでます。主な症状はこちら。

・発熱や腹痛、臍周囲や下腹部の痛みなど

・排尿時の不快感や痛み

・ヘソから膿が出る

・へそから臭いにおいがする

尿膜管遺残症 治療は?

検査で感染が確認された場合は抗菌薬を使用し治療を行うようです。

根本的には尿膜管遺残が原因のため、感染が治まっているタイミングを見計らって、手術にて尿膜管を切除します。除去しない場合は再発する可能性があります。

入院は平均的に10日前後と言われています。

参考:http://www.asa-hosp.city.hiroshima.jp/diagnosis-info/section20/1090.html

尿膜管遺残症 まとめ

いかがでしたでしょうか。

この病気は先天性の病気で、発症する人は2%だそうですが、腹部やおへそ周辺に違和感を感じたら、早めに医師に相談しましょう。

【関連記事】

☆過去の世界仰天ニュースの記事はこちら

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓



スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク