渡部美佳(わたなべみか)イチゴ研究科でパティシエの年齢や経歴wikiプロフィールやインスタ画像あり!スイーツの通販や購入方法は?セブンルール



メゾン・ド・フルージュの場所や地図は?渡部美佳(わたなべみか)の京都の苺スイーツ専門店の人気が凄い!

2018年4月17日(火) 23時00分~23時30分 セブンルール【本当に美味しい苺を求め連日行列!京都の苺スイーツ専門店の秘密】で紹介されるイチゴ研究科でありパティシエでもある渡部美佳さんをご存知でしょうか。

渡部美佳さんは、イチゴに魅了され、イチゴ研究科となりイチゴだけのスイーツ専門店をされていらっしゃる方です。

そんなイチゴづくしな渡部美佳さんについてご紹介します。

渡部美佳 wikiプロフィールやインスタ画像は?

名前:渡部 美佳(わたべ みか)
出身地:山口県
職業:イチゴ研究科・パティシエ

渡部美佳 イチゴと出逢うまで

渡部美佳さんは、子供の頃に海外旅行へ何度か行った想い出があるそうで、その経験からキャビンアテンダントになりたいと夢を持つようになり、航空関係の専門学校に通いキャビンアテンダントを目指すのですが、いざ就職活動をしてみるとキャビンアテンダントの募集がなかったため、仕方なく航空業界を諦め就職するのですが、安定せず転職を何度かしています。

その転職の中で、アパレル業界への道を選択された時には、デザインを企画する仕事をやることになり、子供服やテーマパークの商品のデザインなど色々なデザインを企画する仕事をすることで、企画することに興味を持たれます。

その頃、取引先の女の子に教えてもらったことで転機が訪れます。

渡部美佳 転機

会社の取引先の女の子から「すごくおいしいいちごを見つけたから」と教えてもらい,そのイチゴがとても気になってイチゴを食べに行ったところ、これまでに食べて来たイチゴが何だったのかと思うくらい美味しくて、お店を立ち上げることになります。

渡部美佳 イチゴ専門店誕生

お店を立ち上げたのは2003年で、渡部美佳さんが出逢ったおいしいイチゴの農家さんのイチゴを広めるだけのお店として開業されました。

しかし、イチゴを広めるためのツールとしてお菓子作りを試みるのですが、お菓子作りに関して、ほとんど素人だったため、お2人はお菓子教室へ通いシンプルなケーキ作り販売することができるようにはなったものの売り上げがあがりませんでした。

渡部美佳 2度目の転機

最初に出会ったイチゴを広めるための努力をされてから4年後くらいから徐々に雑誌でも取り扱われるようになり、売り上げも順調となってきました。

お店立ち上げの当初は、1種類のイチゴしか取り扱っていなかったのですが、現在は、その1種類のイチゴが広まったことにより、各地の農家さんから無農薬栽培にこだわり選別したイチゴを取り寄せて、そのイチゴに合わせたスイーツを販売しています。

渡部美佳 イチゴ専門店の経歴

・2003年4月 京都市上京区千本通りでお菓子専門店を開業
・2011年 銀座店をオープン
・2013年 銀座店閉店
・2013年 共同経営者が結婚を機に退職
・2013年3月 株式会社ミュウを立ち上げる
・2014年3月 現在の店舗である京都市中京区三条へ移転
・2017年5月 岡山県西粟倉に製造アトリエを開設

渡部美佳 イチゴ専門店はどこ?

店名:メゾン・ド・フルージュ
住所:京都府京都市中京区東洞院三条下ル三文字町201 1F
電話:075-211-41115
OPEN:AM11時からPM19時
定休日:月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日休業)

★公式website⇒http://ichigonoomise.com/

渡部美佳 ケーキは通販で販売されている?

全国の百貨店のみ、お取り扱いがありましたのでご紹介します。

・三越伊勢丹
・大丸松坂屋百貨店
・高島屋
・阪急阪神百貨店

渡部美佳 セブンルール

1.95%以上熟した苺しか使わない

2.ショートケーキの苺は4層

3.昼はあっさりした料理を食べる

4.苺は横から食べる

5.年齢は秘密にする

6.愛されて育った苺を買う

7.無いものは自分で作る

【関連記事】

マーガーバーガー(marger burger)のオーナー坪井真理子のアルバイト先はDa Mau(ダ・マウ)というイタリアンレストラン!場所や...



スポンサーリンク

シェアする

フォローする