藤井貴信(ふじいたかのぶ)氏の現在は?錦織圭が3戦全敗全く勝てなかった同世代の天才の現在やテニスを辞めた理由は?



藤井貴信さんの現在や消えた理由は?2019年7月14日放送消えた天才

2019年7月15日に放送された消えた天才では、世界四大大陸ウィンブルドンで見事ベスト8を果たし、世界ランキングは日本人過去最高の4位に輝きました。

その才能は幼少期からトップレベルで、

小学6年生の時には全国選抜ジュニアテニス選手権大会優勝

全国小学生テニス選手権大会優勝

全日本ジュニアテニス選手権優勝

と、3冠王を達成し無敵状態。

中学では18歳以下で争うジュニアの国際大会でも優勝するなどテニスの神童として注目されていました。

そんな錦織圭選手が同世代で三戦全敗したという選手がいたというのです。誰もが世界のトップを狙えると思っていたその選手の名前は藤井貴信(フジイタカノブ)さんです。

藤井貴信 錦織圭の出会い

藤井貴信さんと錦織圭選手が出逢ったのは、小学校時代。

二人の初対戦は小学生全国大会で今から二十年前になります。

錦織圭選手は当時10歳、藤井貴信さん当時12歳の時でした。藤井さんの武器はサウスポーの力強いショットで、攻めの姿勢を崩さないプレースタイルで藤井さんに軍配が上がりました。

二回目の対戦は、初対戦から4年後です。当時、錦織圭選手はアガシやシャラポワが所属していたテニスの名門IMGアカデミーへ留学中でした。

この対戦でも6-4で藤井さんが勝利しました。

3回目の対戦は、さらに1年後でした。錦織圭選手は英才留学後にもかかわらず6-3、6-4で藤井さんのストレート勝ちで負けてしまったそうです。

当時、錦織圭選手と藤井貴信さんを指導したというコーチ、竹内映二さんも錦織圭選手に三勝したという藤井貴信さんを天才と認めていました。

藤井貴信さんは茶髪でイケメン、茶目っ気もあってとても目立っていた華のある選手だったそうです。

藤井貴信さんは当時、最強でした。17歳ウィンブルドン・ジュニアにも出場し、18歳の時には錦織圭選手よりも先にプロデビューを果たしました。

しかし、錦織圭選手が活躍し始めたころ、彼の姿を試合で見ることはなくなりました。そして、18歳でプロになったわずか2年後、テニス界から姿を消したのです。

必ず、世界のトップを狙えると期待されていた藤井さんはどうしてテニスを辞めてしまったのでしょうか。

藤井貴信 テニスを辞めた理由

藤井さんの夢はテニスで世界一でした。寝ても起きてもテニスの練習をして青春時代を過ごしていました。

錦織圭選手のことはあまり意識していませんでしたが、接戦した対戦をきっかけに錦織圭選手をライバル視するようになったそうです。

そして、全国から10名程度しか選出されないという熱血エリート養成合宿の修造チャレンジに二人は一緒に参加をしていました。

開催する度に二人は招集され、当時の錦織圭選手も藤井さんも世界のトッププレイヤーになりたいと英語で表明していました。

しかし、ここで二人の明暗は分かれていくことになります。18歳でプロデビューした藤井選手は世界一を目指し渡米しました。

しかし、藤井さんが自身のあったショットはことごとく打ち返され、自身が不安へと一瞬で変わってしまったそうです。

試合は0勝8敗。一回戦負けという惨敗でした。

錦織圭選手には三戦全勝だったのに、なぜ、勝つことができなかったのでしょうか。藤井さんは体格の大きさに圧倒されてしまったと言います。

藤井さんの身長は168㎝。

一方、

現在1位 N.ジョコビッチ188㎝

現在2位 R.ナダル 185㎝

現在3位 R.フェデラー 185㎝

現在4位 D.ティエム 185㎝

錦織圭 178㎝

と、世界のトッププレイヤーは185㎝超えが当たり前。勝てないことに焦りを覚えるようになった藤井さんに追い打ちを与えたのは、今まで勝ってきた錦織圭選手が2006年の全豪オープンジュニアでベスト8に輝き、全仏オープンジュニアでは日本人初ダブルス優勝を果たすなど大きな世界を相手に活躍を見せ始めたことです。

藤井さんはもどかしい思いにかられ、どんどん差が離されていくことに焦りがつのり、1日8時間以上の練習を自ら課すようになったそうです。

しかし、このことが、藤井さんの選手生命に終止符を打つことになってしまいました。

ある日、足首を負傷。バキッと音がしたそうです。しかし、このころ、藤井さんは焦りから負傷した足をきちんと治さず試合に出続けたそうです。

結果、怪我を繰り返すようになり、日本に帰国しても勝つことは出来なくなってしまいました。

そして、プロ二年目、わずか20歳でテニス界を去るという結果になってしまいました。

藤井貴信 現在は?

藤井さんは現在、兵庫県の神戸市にいらっしゃいます。

5年前に結婚し、May J似の美人の奥さん絢野さんと3歳の男の子 悠くんと、1歳の女の子 唯ちゃんの2児のパパとなっていました。

お仕事は建設機械を製造する会社に勤務しているそうです。

二人の差は何だったのか?

藤井さんは、自分になくて錦織選手にあったものは、「諦めない心」だったと語ります。

藤井さんは、自分で逃げたと語っていますが、その努力は人並みではなく、怪我を繰り返したことも大きな要因でしょう。

そんな藤井さんの現在の夢は息子にテニスを教えること。

実は、美人の奥さんもジュニア時代に全国二位という輝かしい成績の持ち主。藤井さんとの出会いもテニスがきっかけでした。

そんな二人の英才教育を受ける息子さんの将来がとても楽しみですね!いつか、藤井悠君という名前がテレビで出てくる日がくるかもしれません!

created by Rinker
¥1,674 (2019/08/21 11:12:33時点 Amazon調べ-詳細)

【関連記事】

★過去放送の消えた天才や田中理恵が勝てなかった天才美女体操選手についてはこちら

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

スポンサーリンク

シェアする

フォローする



スポンサーリンク