永久コンタクトが凄い!指原莉乃(さしはらりの)も受けたICL手術とは?眼内コンタクトレンズの費用や危険性は?レーシックとどちらが安全?



AKB48の指原莉乃が受けたICL手術って何?最新の近視治療が進化!手術のYoutube動画あり

指原莉乃さんの受けたICL手術とは

ICL手術とは、屈折矯正手術でレーシックにかわる新しい手術方法です。

強度近視のためレーシックはできないと言われた人やドライアイの人に特におすすめと言われています。

また、術後の見え方もレーシックより良いといわれています。

具体的な手術方法は、角膜と水晶体の間に薄いレンズを挿入することです。

目の中にコンタクトを埋め込むイメージです。手術自体は10分ほどで終わり、身体への負担も少なくてすみます。

ICLが優れている点として挙げられるのが、不具合の時に取り外すことができ、ドライアイがひどくなることがないと言われています。

また、強度の近視乱視の場合、レーシック手術を断られる場合がありましたが、ICLは強度の近視や乱視の人でも手術可能で、術後の矯正の質も良いそうです。

ICL手術 費用は?

片眼で30万円ぐらいが相場のようです。両目で60万円とかなり高額ですが、厚生労働省にも認可されている手術です。

レーシックと同様、新しい手術の場合、その後の一生のデータがまだありません。

どんな手術にも言えることですが、手術は100%保証されるものではないため、これから後遺症や様々な問題などは、少なからず報告されてくるでしょう。

眼鏡やコンタクトはとにかく面倒ですね。災害の時も、すぐに装着出来ないと逃げきれないかもしれません。

もしも、起きた瞬間から目がはっきりと見えたなら・・・どんなに素晴らしい世界でしょう。

使い捨てコンタクトレンズを毎日装着していれば年に5、6万円ほどかかります。両目で60万なら10年で元が取れますね。

しかし、手術は高額でリスクも伴います。100%成功するとは限らないのです。様々は情報を収集し、後悔のないよう決断しましょう。

ICL手術 Youtube動画



スポンサーリンク

シェアする

フォローする