スカイボークの母親ボーク重子が凄い!全米最優秀女子高生を育てた日本人ママの教育法は?年齢や経歴wikiプロフィールやインスタ写真あり



スカイ・ボーク(Skye Bork)がかわいい!コロンビア大のハーフ美少女が全米最優秀女子高生大会で優勝!どんな大会?深イイ話

4/30 (月) 日テレ 21:00 ~ 21:54 人生が変わる1分間の深イイ話 霊長類最強女子・吉田沙保里の最強兄嫁に密着!

番組概要

子育てがアツい女性は本当に幸せ?▼霊長類最強女子・吉田沙保里の最強兄嫁密着第4弾!吉田家の天使すぎる末っ子レスリングデビューの裏側&イタズラっ子の初恋物語▼全米最優秀女子高生育てた52歳超パワフル日本人ママに密着!名門コロンビア大学に通うハーフ美人娘の素顔公開!&全米一の最強娘育てた教育法を完全公開!▼盲目の芸人・濱田祐太郎に緊急密着!売れっ子芸能人となった濱田が憧れる芸人とは一体誰?

世界最高の子育て 「全米最優秀女子高生」を育てた教育法 [ ボーク重子 ]

2017年7月に、行われた大学奨学金コンクール「全米最優秀女子高生」で優勝したスカイ・ボークさんをご存知でしょうか。

この大会は、全米の女子高生が知性や才能、リーダーシップなどを競う大会で、60年の伝統がある大会で全米の高校生に贈られる賞の中で最も名誉ある大会の1つだそうです。

これまでのこの大会の歴史の中でアジア系の高校生が優勝した事は、本当に珍しく全米中で話題となりました。

そのスカイ・ボークさんとスカイさんを育てた母親はパッションモンスターです。何事にも全力で情熱的な重子さんについて今回はご紹介します。

まずは美人の娘Skye Bork(スカイ・ボーク)のプロフィールはこちら。

スカイ・ボーク wikiプロフィールやインスタ画像

名前:Skye Bork(スカイ・ボーク)
日本名:Skye kana Bork
出身地:ワシントン
国籍:日本
年齢:18歳
特技:バレエ

スカイ・ボークさんの育った環境

スカイさんは、アメリカ人の父親と日本人の母親の間に生まれたハーフで、現在はコロンビア大学に通われていますが、幼稚園から高校まで通った学校も世界的に名家の子供が通う進学校でした。

日本で言う小学校3年生までは共学のボーヴォワール、小学4年生からは女子校のナショナル・カテドラルに通われています。

小学校3年生までは宿題もなかったので放課後は学校の校庭や公園で泥んこになり遊んでいたこともあり、早期英才教育を受けて来たわけじゃなかったそうです。

スカイ・ボーク SNSアカウントやブログは?

★Instagram(非公開)⇒https://www.instagram.com/skbork/

★Twitterアカウント⇒なし

★Facebook⇒




スカイさんが通う大学、コロンビア大学はオバマ大統領も輩出した超がつく名門大学です。

そして、コロンビア大学はノーベル賞受賞者も数多く輩出した大学で、勉強だけができても入ることができない超難関です。

実際にスカイさんも勉強と同じぐらいバレエを頑張り、プロから声がかかるほどの実力に。加えて、勉強の方でも政治を深く勉強し、高校も2科目を主席で卒業しました。

何事も極めるためには続けること「継続」が必要です。

そして、「継続」には情熱が必要です。

そんな興味のある事を極める為に必須である「パッション」を見つけることを重視して教育してきたのが母親の重子さんなのです。

スカイさんが情熱を打ち込めるバレエを見つけるまで、実に15個のお稽古事を試したそうです。

子供に無理に続けさせるのではなく、子供が打ち込めるものを探す機会を与えることに注力した重子さんが強烈に情熱「パッション」を重視する様になった背景は一体どんなものだったのでしょうか。

スカイさんの母親「ボーク・重子」さん

スカイさんの母親の重子さんがどのような育て方をされてきたのか興味を持たれている方もいらっしゃることでしょう。

ここからは、重子さんがこだわってきた子育て術をご紹介します。

重子さんは福島県出身で大学院でイギリスに留学するまでは、ごく普通に日本の教育を受けてきました。

しかし、そのイギリス留学は失恋がきっかけでした。

当時付き合っていた男性に将来について尋ねられ、「子供を産んで、あなたを支えます」と答えるとそんな女性は僕はいらないと婚期にもかかわらず振られたそうです。

重子さんはそんな辛い思いを経験し、見返してやろうと一念発起したのがきっかけでイギリスへ渡英しました。

そこで外交官をしていた現在の旦那さんと出会い、32歳で結婚。その後、スカイさんを出産しました。

重子さんがこれほどまでに情熱を重視する背景は重子さんの母親の影響も大きいでしょう。

重子さんの母親は「行けば必ず成績が上がる」と評判であった英語塾を経営されており、教育熱心だったこともあり、重子さんは色々なことを教えてもらっていたそうです。

重子さんは真面目に母親の教えを守り、中学2年生くらいまでは福島県内でも上位の成績を持っていたそうですが、急にこの環境が不安になり、何もしない日々を過ごすようになります。

目標にする人も、なんの目的で勉強をするのかもわからなくなってしまったんですね。

しかし、高校に入ってからは音楽に興味を持ちバンドを始めるのですが、母親は勉強の邪魔になるバンド活動に反対をしていました。

この経験から、自分は子供が情熱を抱いたものを支える親になりたいと思ったと語っています。

重子さんが目指す親の在り方は、常に「情熱」という言葉を大切にされていて、勉強も大事だけど、情熱を持って好きなことに打ち込むことで人生に大切なことを学ぶことができると語っていました。

好きなことに打ち込むことは、そこから失敗で立ち直る力や苦手なことでも挑戦する力が学べるので、時間の使い方がうまくなり集中力もつくと重子さんは言います。

スカイさんの場合は、バレエが大好きで情熱をもって楽しんできましたが、重子さんはそれを応援し支えてきたからこそ、すてきなお嬢さまになったのでしょう。

もうひとつ、ユニークな教育方法として、「YES」「NO」で答えられるような質問をしないそうです。

これは、「自分で考え応える訓練」のためで、常日頃から癖付けさせていたそうです。

そして、アメリカではスピーチの能力(自己アピール)を問われる機会が日本よりも圧倒的に多いですが、食事や団らんの時には、1分以内に様々なテーマに対してスピーチする癖をつけていたようです。

例えば、どうしてこの食べ物が好きなのかをテーマに1分以内で一人ずつ発表していくというものです。

とてもユニークで実践的な教育方法ですね。

重子ママ SNSアカウントやブログは?

★Instagram⇒

Today’s happiness: a precious moment with my daughter 今日のハピネスは娘との大切な一瞬

ボーク重子さん(@shigekobork)がシェアした投稿 –

Today’s happiness: lazy afternoon with Aspen 今日のハピネスは愛犬と過ごすのんびりした午後

ボーク重子さん(@shigekobork)がシェアした投稿 –

今日のハピネスtoday’s happiness #happy #pink #自分らしい幸せ

ボーク重子さん(@shigekobork)がシェアした投稿 –

重子さんは子育てだけに情熱を注いでいたわけではありません。

自らのキャリアや人生にも情熱を重視して取り組んでいます。重子さんはアートコーディネーターという資格を取り、キャリアウーマンとして活き活きと働いています。

そんな自立した女性、重子ママに育てられた娘のスカイさんは母親から「こうしなさい」とか「ああしなさい」と言われたことは一切なく、全て自身で考え、自らのパッションを元に行動するとても自立した女性に成長しました。

これからのお二人の活躍がとても楽しみですね!

【関連記事】

マイケル・ブラウン天才高校生が学費全額免除の奨学金付きで20校に合格する偉業!将来の進路や専攻は? 天才高校生であるマイケル・ブラウンさん...
倉沢ケイナのリア充感がヤバい!ドバイで極楽セレブ生活!イケメン兄は倉沢希和(くらさわさわ)で弟は倉沢仁希(くらさわにき) 3/28 (水)...



スポンサーリンク

シェアする

フォローする