フェールヌークパン(Verneukpan)衛星写真で見つけた南アフリカ謎エリアとは?謎の渦巻きはミステリーサークル?まるでナスカの地上絵?それとも超古代文明?何コレ!?ミステリー



南アフリカ共和国の謎の丸い模様やうず巻きは何!?フェルヌークパンの謎(Mysteries of Verneukpan)とは?Youtube動画あり

2/7 (水) 19:00 ~ 20:54 関西テレビ 世界の何だコレ!?ミステリー~怪魚!秘境!怪現象!謎解き大調査SP~

番組概要

衛星写真で見つけた謎エリアを調査!  今回は南アフリカで発見した、広範囲に渡り幾つもの丸い模様が描かれたような場所へ。土地所有者も、自分の敷地にそんなものがあるとは知らなかった不可思議な光景は一体?

謎エリアの場所は?

南アフリカのフェールヌークパン(Verneukpan)と呼ばれるエリアで発見されました。それは、まるでナスカの地上絵のようです。人工的なものなのか、自然現象なのか・・・謎は深まるばかりです。

旅行マスターMr.タンの世界遺産紀行(チリ・ペルー編) モアイ像・アマゾン熱帯雨林・ナスカ地上絵・マチュピチュ (Parade books) [ トウ予立 ]

フェルヌークパンの謎 Mysteries of Verneukpan

南アフリカで発見されたのは2013年頃。それはそれは奇妙な地上絵が発見されます。上空からしか認識できませんが実に奇妙な図でとても偶然に出来た自然現象とは考えられない不思議な模様・・・地上絵の写真をご覧ください。

写真や画像


Traces of Nazca Lines and Crop Circles discovered in area Verneukpan, South Africa 2013

ちなみに、こちらが有名なナスカの地上絵

だれがかいたナスカの地上絵 (まんが新・世界ふしぎ物語) [ 吉川豊 ]

丸い模様の正体は?

現場は石がゴロゴロ転がっているただの牧草地。その場所に立つと全く分からないというその場所は空から見ると別世界!どうやら石が積まれている部分が繋がって円になっている様子。恐らく人工的に人の手によって造られたと云われています。一体、だれが何のために・・・

研究者マイケルさん

長年研究しているマイケルさんは、円の模様は数千年前に造られた円形の住居跡だと言います。石の壁で円を造り、その内側に家を建て、更に牛なのど家畜を飼う。それが集まって集落になっていたそうです。住居跡の周りには石を積み上げた壁に挟まれた通路があり、円と円を繋いでいます。その道は、その昔、人々が集まり、住居と住居を繋げ、集落を拡大していった様子がうかがえます。調査によると、1万個以上の住居があり、約3万人から6万人が住んでいたと推測されています。数千年前も人と人は繋がって生きていたんですね!

謎の地上絵 Youtube動画

★Youtube動画⇒

ナスカ 砂の王国 地上絵の謎を追ったマリア・ライヘの生涯【電子書籍】[ 楠田枝里子 ]

【関連記事】

ホテルモンテビスタ(HOTEL MONTE VISTA)!ゴーストハンター・リッチさんが行くアリゾナの心霊ホテルはどこ? 2/7 (水) ...
マーレーコッドが凄すぎる!神サイズの幻の怪魚の生態とは?琵琶湖でも発見された!?モンスターフィッシュ捕獲作戦! 2/7 (水) 19:00...



スポンサーリンク

シェアする

フォローする