太田由希奈(おおたゆきな)が消えた理由は?氷上のバレリーナと言われたフィギュアスケート選手のwikiプロフィールやインスタ画像は?



太田由希奈が引退した理由は?トゥーランドットの演技の動画あり!出身高校や大学はどこ?

2006年トリノ五輪の代表間違いなしと言われていた太田由希奈選手をご存知でしょうか?

そのころ、オリンピックでの活躍が期待されていた選手は16歳の太田由希奈、15歳の安藤美姫、17歳の鈴木明子、12歳の浅田真央と言われていました。

皆さん、素晴らしい実績を残されていますが、太田選手はいつしか第一線から消えてしまいました。

今回は氷上のバレリーナと言われていた太田由希奈さんをご紹介します。

太田由希奈 wikiプロフィールやインスタ画像

名前:太田由希奈
おおた ゆきな
フィギュア スケート選手
生年月日: 1986年11月26日 (年齢 32歳)
生まれ: 日本 京都府 京都市
身長: 158㎝
引退: 2008年11月26日

太田由希奈さんは宇治茶で有名な京都府京都市生まれの元フィギュアスケート選手です。

太田由希奈 経歴

6歳から競技を開始

小学校3年生からはクラシックバレエ

2001-2002シーズンにISUジュニアグランプリソフィア杯で優勝

2003年世界ジュニア選手権優勝

2004年四大陸選手権優勝

2004-2005シーズン途中からは試合欠場し、アメリカでリハビリ

2006年 「KTV Diamond Ice 2006」出演

2007-2008シーズン ゴールデンスピンで国際競技会にも復帰

2008年 引退発表

2008年12月 プロスケーター活動

2009年から2015年 プリンスアイスワールドでキャスト

太田由希奈 学歴

宇治市立木幡中学校

同志社女子高等学校卒業

同志社大学政策学部

2007年 同志社大学退学

2007年 法政大学通信教育課程文学部日本文学科入学

2008年にフィギュアスケート競技を引退

2009年4月 法政大学→同志社大学に編入し復学

2012年 同志社大学卒業

2013年 同志社大学大学院総合政策科学研究科入学

太田由希奈 性格

太田由希奈さんは「氷上のバレリーナ」と評されるほど表現力が素晴らしく、アスリートやスポーツマンというより、芸術肌の選手だったと言われています。

そのため、性格も気性が激しく、こだわりも強かったそうです。反面、演技では「一枚の絵」を仕上げるように心がけていたそうです。

指先まで神経の行き届いた表現力と所作の美しさが定評で海外からも高い評価を受けていました。

太田由希奈 引退した理由は?

太田由希奈さんは表現力は素晴らしかったのですが、柔軟性がありすぎてジャンプが苦手であったと言われています。

そして、右足首の骨挫傷という怪我で、その後のジャンプの精度に影響が出てきたため引退したと言われています。

しかし、「フィギュアスケートDays Plus 2009-2010 女子シングル読本」(ダイエックス出版)のインタビューによると、どうも怪我で引退せざるを得なかった悲劇のヒロインではないようです。

フィギュアスケートで是が非でも金メダルという強い思いはなく、進学校に通っていたこともあり、勉強との両立も難しく、ゆっくりする時間が欲しいとストレスが溜まっていたそうです。

そして、怪我をしたときは、これでゆっくり休めると思ったそうです。やはり気力がないと体力も続きません。他の選手がストイックに練習に打ち込む姿を見て、自分にはそこまでの情熱が持てないと気づいたのでしょうか。

太田由希奈 SNSアカウントやブログは?

太田由希奈 インスタグラム

★Instagram⇒https://www.instagram.com/yukina_ota/?hl=ja

太田由希奈 トゥーランドット

【関連記事】

安藤美姫元フィギュア世界女王が初めて負けた天才は山本あい花だった!チアリーディングに転身し現在は茶道家に!? …



スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク