パトム(PATM)がヤバすぎる!自分自身がアレルゲン!?謎のアレルギーPATM(パトム)とは?パトムの症状や予防法・治療法は?世界仰天ニュース



パトムの原因や症状は?花粉や埃じゃない謎のアレルギーPATM(パトム)って何!?People are Allergic To Meの略で皮膚ガスが原因だった!?

3/6 (火)  日テレ 21:00 ~ 21:54 ザ!世界仰天ニュース 私が原因で周りの人がアレルギー!衝撃のアレルギーSP

番組概要
・自分の周りの人がくしゃみや咳…実は自分自身がアレルゲン!?謎のアレルギーPATM(パトム)に迫る!
・突然肉が食べられなくなった!原因はあの生き物に咬まれたせい
・自分自身がアレルゲン!?自分の周りの人が、自分が原因でアレルギー症状を起こすという謎の症状PATM(パトム)。悩み続けた女性の生活
・ある生き物に咬まれたのが原因で、突然肉アレルギーを発症!牛肉も豚肉も食べられない…そしてやがてある魚でも命の危機に!
・猫アレルギーの男性がまさかの猫まみれ生活!夢の実現のため、不屈の精神を持った男性とは▽○○が食べられない…血液検査で岩田剛典に新アレルギー発覚!

インターネットの投稿から判明したPATM(パトム)という現象をご存知でしょうか。

アメリカでは2008年にPATMについての投稿があり、日本では2002年にはこのPATMについての投稿があったと言われています。

2016年からの記録では1年間で1ヵ月に 58~220件、合計1130件のつぶやきが見つかったとされるこのPATMについてご紹介します。

PATM(パトム)ってなに?

PATM(パトム)とは、People are Allergic To Meの略称です。

PATM(パトム)とは、自分の周りにいる人が花粉の季節でもないのに、くしゃみや咳を引き起こすことを言います。

ネット上の書き込みでは、「自分がいる半径100メートル以内の人間が急に咳き込んだりする。」と言う説もあります。

簡単に言うと、

人に対して体になんらかの悪影響を及ぼしてしまう体質のことを指します。

PATM(パトム)で起こる周囲の人の症状ってなに?

・咳
・痒み
・くしゃみ
・のどの違和感
・目の充血、刺激

症状としては、まるで花粉症のような症状になります。

PATM(パトム)を発症している人の症状って何?

PATM(パトム)を発症している人の症状には、次の様なものが報告されています。

・痰・唾液のねばつき
・蓄膿
・喉の違和感、乾燥
・時々乾いた咳が出る
・自律神経失調症
・過敏性腸症候群
・アトピー性皮膚炎

しかし、人によって自覚症状は違うと言われています。

PATM(パトム)が与える症状以外の特徴って何?

原因と言われる物質は見えず無臭であり、暑さや寒さなど関係なく周囲に反応を引き起こさせてしまいます。

しかし、反応する人と反応しない人がいるようで敏感ではない人には影響を与えないようです。そしてPATMの人と長く一緒にいると慣れてくる傾向がある場合もあり反応が薄くなってくる人もいるそうです。

PATMに感染能力があるというケースは現在のところ報告はあがってなく、発症の自覚がある人からすると、ストレスを受けている時期や睡眠時間の乱れ、思春期、極度に緊張した時などさまざまな意見があります。

PATM(パトム)になる原因ってなに?

PATM(パトム)になる原因については、未だ医学的に解明はされていません。

その為、PATMを専門的に取り入れていない病院へかかると、精神疾患ではないかと言われることが多く不要な薬を処方されてしまうケースもあるそうです。

原因について解明はされていませんが、一番可能性のある原因としては身体のデトックス機能の何かが体の表面から特定の物質が分泌されて空気中に拡散してしまい、その特定の物質に敏感な人が感知し、アレルギー症状のようなものを引き起こすのではないかとも言われています。

PATM(パトム)による影響で困るものは?

PATM(パトム)は自覚症状がある人とない人がいます。

自覚症状がない人はいいのですが、自覚症状がある人は自分で周りの反応を見て気付く人や周囲からなにか言われて気付く人がいます。

例えば教室で「あなたが来るとくしゃみが止まらない」「あなたがくると鼻が痒くなる」などと言われて自分が病原菌ではないかと悩むようになり、心の傷のせいで職場や学校に行けなくなり鬱状態になってしまうケースもあるそうです。

PATM(パトム)の治療法はあるの?

原因が不明なため画期的に治る特効薬というものは残念ながらありませんが、PATMの原因ではないかと思われる物質が体内から排出されていないかの検査をいくつか受けます。

検査後、PATMの原因と思われる物質があると判明された場合はデトックス治療をして体内からPATMの原因と思われる物質の除去作業を行うそうです。

PATM(パトム) ある女性の症例

これは、ある学校の先生(女性)に起こった実例です。

その女性は、一年間ほど、なぜか原因が分からない体の不調やだるさが続いていました。

そんな日が続いたある日、突然、周りの人が異臭がするとザワつき、目が痒くなったり、鼻がムズムズすると言い出す現象が自分の周りで起こりました。

その場を少し離れると、自分の周りでまたくしゃみをしたり、鼻水が出る人など、同じ現象が・・・明らかに自分の周りでだけ、アレルギー反応が起こることを実感したのです。

変な匂いがするという人曰く、その匂いは古い家の匂いの様な臭いだそうです。

病院に行きますが笑って追い返される日々。生きづらい日々を過ごし、結局、教職を辞めざるを得なくなりました。

両親に相談するも、両親にはアレルギー反応は出ません。6年も悩み続け、ある時、ネットでパトムを知ったそうです。

まだ、原因は解明されていませんが、パトムの様な症状を訴える患者さんの皮膚ガス(皮膚から出る物質)が原因ではないかと推測されています。

皮膚ガスとは・・・

皮膚ガス(ひふガス、英: Skin gas)とは、体表面から放散される揮発性物質の総称であり、その一部は体臭として知覚される。呼気や腸内ガス(おなら)と同様、生体ガスの一種である。

実際に、健康な人とパトムの人の皮膚ガスを検査してみると、石油化学物質が高くなっているそうです。

この女性は、専門医に見てもらい、やはり石油化学物質(トルエン)の数値が高かったそうです。

そして、朗報が。この女性には改善策があったのです。

腸内環境を整え、ガスの発生を抑え、解毒作用を抑えるサプリを取ると、症状が改善されたそうです。しかし、全てのパトムの人に効果的なわけではなく、やはりまだまだ解明されていない部分が多くあります。

PATM(パトム) 小西統合医療内科

小西統合医療内科
日本 大阪市のクリニック・医院・診療所
所在地: 〒531-0071 大阪府大阪市北区北区中津1丁目12 中津1丁目12-3 中津パークビル6F
電話: 06-6346-9783

★公式Website⇒http://www.konishi-clinic.com/introduction.html

テレビでパトムについて解説していた専門医の院長 小西康弘(こにしやすひろ)先生は大阪にいらっしゃるようですね。

PATM(パトム) まとめ

現在はまだ解明されていないアレルギー症状のようなPATMですが、医学的に証明できるように論議されています。

色々な治療法を試してくれる医院もあり改善されていらっしゃる方も報告されていますので、自分がもしかしたらPATMではないかとご心配な方は1度お医者様にご相談されることをおススメします。

【関連記事】

人食いバクテリアは劇症型溶血性レンサ球菌感染症のことだった!原因菌の溶血性レンサ球菌(ようけつせいれんさきゅうきん)、略して溶連菌(ようれん...
人食いバクテリア「ビブリオ・バルニフィカス」が恐ろしすぎる!日本での発症例や治療方法は?魚介類が危ない? 2/20 (火) よみうりテレビ...



スポンサーリンク

シェアする

フォローする