トニック・イモビリティ(Tonic Immobility)とは?手のひらでサメ逆立ち珍百景!サメを催眠状態にするテクニックが凄い!何コレ



マイケル・ドーネラスが凄い!シャチがサメに催眠をかけて食べるYoutube動画あり!まるで手乗りサメ

11/28 (水) 関西テレビ 19:00 ~ 20:00  世界の何だコレ!?ミステリー【直撃!意外と知らない日本の謎】

番組概要
(1)海底で発見!謎の“キラキラ石”…もしや隕石?専門家の目が超本気(2)誰がなぜ?山奥のナゾ建物(3)圧巻!日本にナイアガラの滝?&神秘の廃墟▽衝撃!手のひらでサメ逆立ち!◆とある衝撃的な写真が世界で話題に!それは、海中のサメが「人間の手のひらで逆立ちしている」光景で、なぜこんなことが起きるのか?謎を突き止めるべく、ロッチ・コカドケンタロウが現地へ!サメの大群に驚きながらも、その瞬間を狙う!

今、珍百景とも言える写真が話題を呼んでいます。

まずはこちらをご覧ください。

「人間の手のひらで逆立ちしている」光景

View this post on Instagram

Ruslan Arbekovさん(@ruslanarbekoff)がシェアした投稿

View this post on Instagram

Michael Kazmaさん(@michaelkazmaphotography)がシェアした投稿

View this post on Instagram

KYLE INFINITE BRADY MANNINGさん(@kylism_bradyism)がシェアした投稿

鮫が手のひらに載っているなんて信じられないですね!まるで「手乗りサメ」!

何故こんなに凄いことが出来るのか?これは、ある催眠テクニックを使用しているそうです。

その名も、「トニック・イモビリティ」(Tonic Immobility)。

トニック・イモビリティとは?

トニック・イモビリティは、動物がリラックスする自然な状態の麻痺であり、しばしば動物催眠と呼ばれています。

その機能は未だ解明されておらず不明です。サメのような特定の動物で機能し、また交配に関連しているかもしれないと言われています。

実は、このテクニックは多くの海洋研究者や熟練ダイバーが持っているテクニックです。

サメを逆立ちしている状態にすると、鮫にとってありえない態勢となるため極度の緊張状態となり、その緊張から解放するため脳からリラックスする物質が出て、サメは大人しく逆立ちするのではないか・・・とも言われているそうです。

そんなテクニックを使いこなすイケメンプロダイバーのマイケル・ドーネラス(Michael Dornellas)さんが凄いんです。

マイケル・ドーネラスさんは口に針が引っかかった鮫にトニック・イモビリティを使い、大人しくさせ、見事、針を取り除きサメを助けました。

マイケル・ドーネラス SNSアカウントやブログは?

催眠トニック・イモビリティ ダイバーのインスタグラムがこちら。

★Instagram⇒

View this post on Instagram

Shepherds of the sea. #reefsharks #bahamas

Michael Dornellasさん(@reefhunter)がシェアした投稿 –

マイケル・ドーネラス Youtube動画

そして、驚くことにこれは人間が鮫に対して行う催眠術ではなく、自然界でも利用されているテクニックなんだそうです。

実際に、カリフォルニア沿岸でメスのシャチがサメに対して、このトニック・イモビリティを利用し、15分間ほど催眠状態に陥れた後、食べてしまったという事例がYoutube動画で公開されています。

シャチがサメに催眠をかけられるYoutube動画

凄いテクニックですね。自然界でシャチVS鮫という弱肉強食の構図でも利用されているテクニックというのがまた神秘的です。

【関連記事】

メガロドン(megalodon)とは?絶滅の原因や生存した時代はいつ?大きさや生存した時代は?映画『THE MEG』必見! 6/11 (月...



スポンサーリンク

シェアする

フォローする